>  > 


【空母いぶき】炎上した「佐藤浩市」知られざる父・三國連太郎の戦争体験


2019/05/16 11:33

smart-flash.jp
2019.05.16



この騒動の論点は、佐藤が
(1)体制側の役でイヤイヤ出演したのか
(2)安倍首相の病気を揶揄したのか

の2つだが、この件について佐藤は何もコメントしていない。そのため、前述のインタビューから推測するしかないのだが、(1)については、《でも、監督やプロデューサーと「僕がやるんだったらこの垂水総理をどういうふうにアレンジできるか」という話し合いをしながら引き受けました》と語っていることから、イヤイヤ出たわけではないと思われる。そもそも、佐藤は、映画『亡国のイージス』で防衛庁の官僚役を演じており、体制側の役だから駄目だとは思っていないだろう。

(2)についても、《どんな人でも総理になると決まった瞬間に人が変わるっていうんです。それぐらい背負っていくものに対する責任を感じる、人間というのはそういうものなんですね》と語っており、おそらくは意図的に揶揄したのではないと思われる。

この騒動について、比較的フェアな見解を示したのは、爆笑問題の太田光だ。佐藤の亡き父である俳優の三國連太郎について触れ、「三國さんっていうのは戦争に行ってひどい目にあって、いろいろな思いがあって、それこそ体制というものに対して自分の意思を貫いた人だからね。親子の関係っていうのはいろいろな形があるけれども、それを見て感じてきてることもあるだろうし」と、ラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』で推し量ったのだ。

三國連太郎の「ひどい戦争体験」とはなにか。これについては本人が毎日新聞のインタビューで語っている。

《徴兵検査を受けさせられ、甲種合格になってしまった。入隊通知がきて「どうしよう」と悩みました。(中略)「外地にいけばなんとかなる」と思って、九州の港に向かったのです。ところが途中で、実家に出した手紙があだとなって捕まってしまったのです》(1999年8月13日)

徴兵を避けるため逃亡を図ったのだが、母親に通報され、そのまま入隊することになった。なぜ母が通報したのかというと、《徴兵忌避をした家は、ひどく白い目で見られる。村八分にされる。おそらく、逃げている当事者よりつらいはず。たとえいやでも、我が子を送り出さざるを得なかった》と明かしている。

こうして、三國連太郎は入隊し、何度も殴られた。このときの思いが、反体制という強い行動につながったのだろう。だとすれば、父の話を聞いた佐藤が「体制側」に複雑な思いを持つのも理解できる。

こうしたエピソードがキチンと伝わっていれば、今回の騒動もここまで大きくはならなかったかもしれない。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe