>  > 


【芸能】本日、9月12日の『午後のロードショー』『オーバー・ザ・トップ』放送記念! 腕相撲“最強芸能人”は誰だッ!?


2018/09/12 09:09

本日、9月12日の『午後のロードショー』(テレビ東京系)で、シルヴェスター・スタローン(72)の名作映画『オーバー・ザ・トップ』が放送される。
1987年に公開された同作は「腕相撲=アームレスリング」がテーマで、トラック運転手のホーク(スタローン)が
息子のために腕相撲大会の優勝を目指すという物語で、公開当時、日本に腕相撲ブームを巻き起こした映画だ。

以来、日本のバラエティ番組でも、たびたび芸能人同士が腕相撲で対戦するコーナーが登場。意外な人物たちがその腕っぷしの強さを見せつけてきた。

お笑い芸人の中で圧倒的な腕相撲の強さを見せたのは、ANZEN漫才のみやぞんだ。みやぞんといえば、
今年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)のチャリティーランナーを務め、過酷なトライアスロンを激走した、抜群の身体能力の持ち主。
今年1月放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)のスポーツテストで、アームレスリングに挑戦したみやぞんは、元光GENJIの諸星和己、品川庄司の品川祐を立て続けに瞬殺。

決勝まで勝ち上がると、お笑いコンビかまいたちの濱家隆一を相手に、笑顔を見せたまま余裕の勝利を収めた。

俳優の保阪尚希は、どちらかというと線の細い印象ながら、とんでもない実力を秘めていた。
2013年6月放送の『爆笑 大日本アカン警察』(フジテレビ系)の「元ヤン芸能人腕相撲ダービー」のコーナーに参加した保阪。

ボクシング元世界王者の薬師寺保栄、ケンカ無敗を誇るバッドボーイズの佐田正樹といった、かなり手強いメンバーが集まった中、保阪は決勝まで勝ち上がる。
そして、決勝戦では薬師寺を破って勝ち上がった佐田と対戦し、圧倒的な強さで保阪が勝利。
その後、保阪は若い頃は徒党を組んでいるヤンキーを相手に、たった一人でケンカしていたという武勇伝を明かした。

芸能界ナンバーワンの呼び声が高いのが、タレントのボビー・オロゴンだ。
『芸能界特技王決定戦TEPPEN』(フジテレビ系)のアームレスリング部門で、2011年開催の第1回大会、2012年開催の第2回大会を2連覇した。
とくに第2回大会では、大相撲の元横綱、武蔵丸光洋と準決勝で熱戦を繰り広げて、まさかの勝利。
ボビーといえば、テレビ番組の企画でK-1の大会に出場し、勝利したことがあるほどの格闘センスの持ち主なので、当然といえば当然なのかもしれない。

かつては、外国人タレントのチャック・ウイルソンが、芸能界の腕相撲王者だった。
現在、誰がチャンピオンになるか、各番組の勝者を集ってその強さを競ってほしいところ。明日放送の『オーバー・ザ・トップ』で、また腕相撲ブームが起きてほしい!

dailynewsonline.jp
2018.09.12 07:30 日刊大衆


[動画再生](YouTube)
Sylvester Stallone / Over The Top 'Winner Takes It All' Music Video

https://pds.exblog.jp/pds/1/200710/12/55/e0029455_19481539.jpg
https://i0.wp.com/saisin-news.com/wp-content/uploads/2018/04/hosaka9.png

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe