>  > 


【芸能】藤山直美、乳がん克服で舞台復帰 1年11か月ぶり主演カーテンコールで涙


2018/10/09 05:01

2018年10月9日4時0分 スポーツ報知
藤山直美、乳がん克服で舞台復帰 1年11か月ぶり主演カーテンコールで涙

 初期の乳がんで手術、療養していた女優・藤山直美(59)が8日、東京・日比谷シアタークリエで開幕した主演作「おもろい女」(29日まで、田村孝裕演出)で1年11か月ぶりに舞台にカムバックした。拍手が鳴りやまず、3回続いたカーテンコールでは涙ぐむ一幕も。2015年初演よりパワーアップ。完全復活を印象づけた。

 藤山は36歳で夭逝(ようせい)した天才漫才師ミス・ワカナ役。森光子さんの代表作としても有名だが、そのイメージを払拭する迫力を見せつけた。“待ち人”の登場は午後3時に始まって5分後。15歳の少女が故郷・出雲から漫才の弟子入りで大阪・千日前に出てくる場面。割れんばかりの拍手で迎えられた。
 相手役の渡辺いっけい(55)は、始まる前に藤山から「助けてくださいね」と言われていたそうだが、「全く衰えはなかった」と感心しきり。初演からいくつか変化した部分の一つに、ヒロポン(覚醒剤)中毒に体をむしばまれ、もがき苦しむ場面がある。療養中、何度も命について考えただろうが、よりリアリズムに徹した芝居は迫真を増し、観客を圧倒した。

 着物、ドレスと9回もある着替えもこなし、無事に初日を終えた藤山は終演後、「疲れました」と正直な感想。「反応がまだ遅い。五感の感覚がまだ戻っていません」と完璧主義者らしいコメントも。観客を大いに笑わせ、泣かせたが、本人に安堵(あんど)の気持ちはない。鳴りやまない拍手を「『良かったよ』ではなく『がんばれよ』だと受け止めてます」。9月15日には“パワーの源”という大好きな矢沢永吉のコンサートに行ってエネルギーを蓄えた。
 東京が終われば地方公演が待っている。12月2日の千秋楽まで藤山の復活劇は続く。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


舞台で涙ぐみながら歌う藤山直美(左)(右は渡辺いっけい)
https://www.hochi.co.jp/photo/20181008/20181008-OHT1I50153-L.jpg
カーテンコールで笑顔で手を振る藤山
https://www.hochi.co.jp/photo/20181008/20181008-OHT1I50152-L.jpg

www.hochi.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe