>  > 


【芸能】“世界のキタノ”に折れなかった菅野美穂の誇り高き女優魂<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>


2019/01/14 00:17

タレントで映画監督のビートたけしが、5日に放送された『新情報7daysニュースキャスター』(TBS系)に生出演し、
1日に一部で報じられた夫人との離婚調停について公の場で言及した。

たけしは番組冒頭、「何が!離婚の調停中ってのは。調停なんか終わってるよ、バカヤロー!!あとはハンコを押すだけだ、こっちは。
もう何百億も取られちゃうよ」と言い放ち、自虐ネタで笑いを誘った。
なお、所属事務所は「離婚調停の事実はありません」としているようだ。

たけしというと、1981年に長男、82年に長女が誕生し、4歳年下の幹子夫人とは83年に入籍した。
また、タモリ、明石家さんまとともに、日本のお笑い「BIG3」の一角を担う。
日本国外では本名の北野武として、フランス芸術文化勲章を含め数々の賞を受賞した映画監督として知られている。

たけしは映画を撮る際、演出に口を出してくる役者を嫌うようだ。これが原因となり2002年10月に公開された『Dolls』で主演を務めた女優の菅野美穂との間に確執が生じたという。

撮影中、菅野は自分の演技に納得がいかなかったのか、たけしに再撮影を要求したというのだ。
菅野の女優魂は、微塵の妥協も許さないとして知られているが、この行為がたけしの逆鱗に触れてしまう形となったようだ。
これがきっかけで菅野は、たけしと共演NGになってしまったと報じられた。
北野映画は、完結した世界の中で役者がどう動いていくかを監督が冷酷に眺めているような構図が仕上がっているという。

菅野の演技に対するこだわりは今に始まったわけではない。

「一見すると、菅野の主張も一理あるかに思えるが、たけしの映画監督としての持論がそれを許さないのだろう。
実力派で知られる菅野のプライドは並々ならぬようで、北野作品に限らず出演作品で撮り直すよう要請することはよくある話のようだ」(芸能関係者)

また、“世界のキタノ”というだけあって、たけしにもこだわりがある。
誇り高きプライドを持ち、周囲に流されることはない。

「たけしが、あるインタビューで『“監督、ここはこう撮るべきじゃないですか”って言ってくる奴がいるんだけど、そういうの大嫌いで二度と使わない。
監督に気に入られるように演技をするのが役者であって、監督の演出方法に口を挟む奴は絶対に許さない』と言い放ったようだ。
しょせん、監督は“王様”であり役者は“駒”であるということだろう」(芸能ライター)

結果的にプロとしての信念があだとなった両者。裏を返せば、互いに作品作りに向けて妥協を許さなかったということだろう。
同映画以降の共演はいまだにないが、才能豊かな両者の共演を再び見てみたいものだ。

news.livedoor.com
2019年1月13日 21時0分 リアルライブ

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/8/e8f9e_188_dab4f5a5_76fded3a.jpg
https://up.gc-img.net/post_img_web/2018/01/16140fbe8e3ededa12077903f3b8e3ab_6461.jpeg
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51PTO4LCxWL._SY445_.jpg

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe