>  > 


【芸能】 AKB総選挙中止! NGT48メンバーが嘆く


2019/03/15 13:49

2009年より続いている『AKB48』の「選抜総選挙」が、今年は開催されないことが発表された。
同イベントは、通常は運営が決定するシングル曲の選抜メンバーを、投票によって選出できる恒例行事。

ファンにとっては好きなメンバーを押し上げることができるチャンスで、投票券付きのCDは売り上げが突出することでも知られている。

賛否はあれど恒例となっていた一大イベントの中止に、各グループのメンバーもSNSで続々とコメントを発表。
「いろいろなことの整理、説明ができていないので…」「競い合いがつらかったのも事実」などと、さまざまな意見が表明される中、
姉妹グループの『NGT48』加藤美南が、

《総選挙ではファンの皆さんと団結し、今までにない感動や感謝、自信と、時に悔しさを感じました》
《今まで与えられたチャンスがなくなるってやっぱり哀しい》

と、自身のツイッターに残念そうな心境をつづっていた。

ところが、この発言に対してファンからは、

《他に言うことあるやろ》
《チャンスを自らつぶしたんだよ》
《中止になるには原因があるのに… 君なら分かるよね?》
《どれだけ自己中心的なのか…人格疑う》
《NGT事件のせいで中止になったんだから、突き詰めるとお前のせいだろ》
《おまえがグループ全体を巻き込んだんだよ!》
《当事者が何いってんだ?》

などといった厳しい反応が…。

どういうことなのか――。これには、発覚するや大騒動となり、いまだ終息の兆しを見せない「山口真帆襲撃事件」が関係しているとウワサされている。

「同事件は各報道や本人の証言により、一部メンバーが仲の良いファンを焚き付けて山口を襲撃させたと囁かれています。
そして加藤は、何を隠そうこの事件の黒幕≠ニみられているメンバーの1人なのです」(アイドルライター)

何やら穏やかではない話だが、同事件直後、山口は一部メンバーのツイッターフォローを解除。
この中には加藤も含まれていたようで、ファンの間では『2人の間に何かがあった』との見方が強まっていたという。

「同事件の犯人が不起訴になっている不自然さも、加藤の関与が疑われる理由になっています。
というのも、加藤は『NGT』各種イベントのスポンサーを務めている企業の社長令嬢。

同社は新潟県警の公式サイトにバナー広告も掲載しており、地元ではかなり力を持っているようですからね。
ネット上では『娘が芋づる式に捜査されるのを防ぐため、不起訴になるよう手を回した』などと推測されることに。

もちろん、これらは何の証拠もないただのウワサなのですが、加藤のSNSは大荒れで、本人の耳にも届いているはずです」(同・ライター)

公式から総選挙中止の理由は語られていないが、山口事件による世間の批判を受けた判断であることはほぼ間違いないだろう。
しかし、早急に事件のすべてを明らかにして対応すれば、総選挙はできたかもしれない。

運営の遅すぎる対応が、年に一度の大きな集金イベント≠壊すことになったのだが、そこまでして隠したい真実とは一体…。
news.nifty.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe