>  > 


【芸能】早くも戦犯探し!?「ストロベリーナイト・サーガ」初回“大コケ”の原因は


2019/04/16 16:06

4月11日、女優の二階堂ふみとKAT-TUNの亀梨和也のダブル主演が話題のドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系)の初回が2時間拡大SPで放送された。

「2012年に連ドラ化された際は、竹内結子主演で全話平均視聴率が15.4%と高視聴率を記録した人気作品だっただけに、いざ、フタを開けてみれば初回視聴率7.8%と、いきなり苦しいものとなってしまいました。前回の全話平均の半分の数字じゃ厳しいスタートと言わざるを得ないですね」(テレビ誌ライター)

4月期のドラマはまだ出揃ってないが、既に初回が放送されたドラマの視聴率は「ラジエーションハウス 〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ系・月曜21時)が12.7%、「特捜9 season 2」(テレビ朝日系・水曜21時)が15.2%、「白衣の戦士!」(日本テレビ系・水曜22時)が10.3%、「緊急取調室(第3シーズン)」(テレビ朝日系・木曜22時)が15.2%といった中、「ストロベリーナイト・サーガ」は一桁と苦しい状態。

ネットでは早くも不人気の戦犯探しが始まってるようで、「亀梨じゃ見たくなくなる」「今期のドラマの中で一番の不人気?亀梨人気ないから」「竹内結子版が面白かっただけに、今回はキャストがわかった時点で見ないと決めていた。前回のイメージ壊したくないし」「キャスト一新して失敗した典型的なパターンだな」「亀梨にしても二階堂にしてもちょっと年齢が若すぎるかな?前のドラマにあった重みが感じられない」「菊田役はやはり西島秀俊がよかった」といった意見があがっており、やや亀梨が劣勢といった様相だ。

「スペシャルドラマに始まり、連ドラ化、映画化もされた前回の“竹内版”のイメージを崩すのは、やはり難しいようですね。前作に関わったスタッフや出演者は、思わずニヤッとしてしまいそうな“大差”が付いたと言って過言ではないですが、前作ファンをも釘付けするような展開に期待したいですね」(前出・テレビ誌ライター)

果たして、不人気を覆す起死回生の手は用意されているのだろうか。

news.livedoor.com
2019年4月16日 10時15分 アサジョ

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe