>  > 


【芸能】TBS『ビビット』一筋縄ではいかない『TOKIO』国分太一の“降板問題”


2019/05/15 07:13

去る4月、一部で『TOKIO』の国分太一が司会を務めるTBSの朝の情報番組『ビビット』が来る9月で打ち切られ、10月から落語家の立川志らくが登板すると報じられた。
真偽のほどは定かではないが、たとえ番組が打ち切られたとしても、TBSでの国分は安泰だという。

ある芸能関係者は「あの番組は国分がいるメリットもないわけではない。
昨年も、山口達也の引退、渋谷すばるの脱退など、ジャニーズものの報道があるときには逃げることなくコメントしているし、そのときは視聴率が跳ね上がりますからね。
それだけTBSは国分に多くのものを背負わせているんです。
それに朝の看板番組を、1月とか4月というタイミングならまだしも、10月という中途半端なところでの改編があるのかなと。
打ち切り説にはちょっと疑問を感じている」と言う。

それでも、視聴率は振るわず、局内でもテコ入れをという話はたびたび出ているというのが現実。
前出の関係者も「タイミングこそ違えども、打ち切りというのも、ない話ではない」とも。

ただ、TBSが番組を打ち切ったとしても、国分の局内での立場に変わりはないのではといわれている。
というのも、TBSのジャニーズ対策という意味合いがあるからだ。ある芸能プロ関係者は「まだ『SMAP』がテレビ界になくてはならない存在として君臨していたころ、
TBSは木村拓哉のドラマや中居正広の音楽番組などもあって、SMAPにベッタリだった。
それを面白くないと見ていたのが『嵐』を統括しているジュリー副社長。嵐をTBSから引き上げるという行動に出たのです。
焦ったTBSが関係修復のために奔走したのが、国分の起用だった」と語る。

嵐のレギュラー番組『ひみつの嵐ちゃん』が終了したのが2013年。『ビビット』の前身番組『いっぷく』がスタートしたのが翌14年だ。

「国分の起用にはそういう背景があるのです。まして今となってはSMAPがいなくなり、後継者問題も一応は収まっている。
そういう状況ですから、番組が終わったとしても、国分が中途半端な扱いをされることはないといわれているのです」(同・関係者)

決して一筋縄ではいかないようだ。

news.livedoor.com
2019年5月15日 0時45分 週刊実話

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe