>  > 


【芸能】<高田純次当て逃げ事件> 被害者が「あたり屋」ではないかという擁護の声多数 慰謝料1000万円も要求


2019/05/17 22:45

◆ 高田純次当て逃げ事件 被害者があたり屋ではないかという擁護の声多数 慰謝料1000万円も要求

【簡単に説明すると】
・高田純次が当て逃げ?
・首都高で車同士の事故
・被害者はあたり屋ではないかと声多数 1000万円も要求

週刊文春が報じた高田純次さん(72)の当て逃げ報道。
事件は4月14日に起きた。被害者Aさん(フリーター/22)曰く「左から合流してきたポルシェが左後部にぶつかってきた」という。

走っていたのは首都高で、被害者Aさんは高田純次さんに停まるようにパッシングしたが、車は停まることなく約15分間走り続けた。
高田純次さんは当たった認識は無く、被害者Aさんが追いかけたところ首都高を降りたところで高田純次さんが止まりぶつかったことを知った。
その場には被害者Aさんの父親も駆けつけており、被害者Aさん親子に対する弁明となる音声が残されていた。

被害者Aさんはそのときの交渉の音声を録音しており、その音声を聞くと「今この流れの中でもう目いっぱい出して100万ですよ。僕が、いま出せるのは。誰にも知られないで。人に知られない金って意外とできないですよ」このように100万円で示談をもちかけた。
高田純次さんはその場で現金20万円を払い、破損した部分を全部直すと約束し更に別で100万円を払うとしている。

こんな被害者Aさんに対してTwitterで「あたり屋ではないのか」と批判の投稿が相次いでいる。
今回の接触事故に関しては「何故金を受け取っておきながらその後警察を呼んだのに週刊文春に音声を売ったのか」、「高い車だから狙われたのか?」、「要するに当たりやのクソみたいな輩に絡まれて、このご時世でおっ、高田純次じゃんってなって後はずぶずぶやな」、「ちょっと当たっただけで1000万円を要求」、「当てられた方の不自然なほどの怪我が不思議でしょうがない」、「高田純次の事故の奴当て逃げ説があるのか」などという声が挙がっている。

被害者Aさんは頸椎と腰椎の捻挫でリハビリを受けており、明確な証拠がないので「あたり屋」かどうかは不明だ。

ゴゴ通信 2019/05/16 19:24:01
gogotsu.com
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/05/01-15.jpg

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe