>  > 


【重量挙げ】三宅会長「どのような結果であれ従う」重量挙げパワハラ問題を謝罪


2018/09/16 07:23

 日本ウエイトリフティング協会の三宅義行会長兼女子日本代表監督(72)が15日、都内で行われた協会の理事会後、一部で報道されている過去のパワハラの疑いついて謝罪した。「私に対する度重なる報道で皆さま方にご迷惑とご心配をかけ、まことに申し訳なく思います」と頭を下げた。

 三宅会長は過去に女子の元トップ選手への指導を巡り、そのコーチから訴え出られた経緯があり、15年8月には当該のコーチ、関係者などと問題について協議を行った事実が明らかになっている。協会ではこの問題についてコンプライアンス委員会を立ち上げ、本格的に調査することを決めた。三宅氏は「調査を待つ。どのような結果であれ、その結果に従う」と話した。


9/16(日) 6:06配信 スポーツ報知
headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe