>  >  > 


【野球/五輪】北京オリンピック野球場跡地のレジャー施設を訪ねて 


2018/02/12 16:39

 こんにちは、日本人スタッフの森です。鉄道シリーズが2回続きましたが、今回はわがCRIのお膝元にある新しいレジャー施設をご紹介
しましょう。2月6日に行ってきました。

 場所は、CRIの最寄駅からわずか2つ目の「五?松駅」です。この駅は、天安門大通りから続く道と、市内環状4号線という両大動脈の
交差点直下にあり、乗換駅ではありませんが乗降客はやや多めです。
 そして、ここは2008年北京オリンピックの野球とバスケットボールの競技会場でした。当時、日本中から熱い眼差しが注がれた野球場
はすでに取り壊され、総合的なレジャー施設に変貌してしまいました。

 このあたりは「オリンピック文化公園」と名づけられ、様々な施設が誕生しました。

 写真のように、半地下形式のショッピングモールが広がります。

 その中に、やや場違いですがジョギングコースがあります。ただしランナーは皆無でした。

 こちら、「キャデラック・アリーナ」。ここはオリンピックのバスケットボール会場であり、手前のポスターは中国男子代表チームの写真で
す。そして現在も、CBA=中国プロバスケットボールリーグの北京チームのフランチャイズです。
 中国では、サッカー・バレー・バスケットが三大球技と呼ばれ、いずれも高い人気を誇ります。一方で野球の人口はそれらにはるかに
及ばず、オリンピックの競技会場ものちの維持費が見込めないとの理由で球場、観客席ともに仮設として建設されました。スポーツ事情
も日本とはかなり違いますね。

 そして、屋外にも立派なバスケットコートがあります。高校入試の実技でドリブルが採用されているケースもあり、中国人は概してバス
ケットボールが上手です。

 そして、ご覧のようにスポーツショップや日本料理店などの飲食店もあります。ただし値段はやや高めです。訪問時が平日の日中だっ
たせいもあり、どこも閑散としていました。

 これらの施設は、駅から地下道で直結しているので大変便利です。このように駅から地上へ出ずにショッピング施設に入れるスタイル
も、以前はわずかでしたが今は急速に増えています。
 今回はやや小ネタでしたが、こうした大規模なショッピングモールが北京市街地のほぼ全域に散在していることお分かりいただければ
と思います。


CRI
japanese.cri.cn

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe