>  > 


【野球】DeNAにFA移籍の大和を直撃「阪神を離れ不安はないか?」


2018/02/15 12:22

【核心直撃】昨オフ、阪神からDeNAにFA移籍した大和内野手(30)。古巣・阪神の残留要請や在阪球団のオリックスからオファーを受けながら、
横浜での再出発を決意した。移籍までの経緯や思い、キャンプでの取り組みなど、本人を直撃した。

 ――DeNAの印象

 大和:若いチームですし、やりやすい環境をみんながつくってくれている。若い子たちも積極的に話し掛けてくれますし。阪神は(年齢が)上の人が
多かったので。ここでは(自分より年齢が)下の人から聞かれることが圧倒的に多いですから、そこは違いますね。

 ――DeNAを選んだ理由は、出場機会が増えると感じたからか

 大和:そこ(出場機会)が大きいですが、出場機会というのは自分の結果次第だと思うので。どのチームに入ってもそれは一緒だと思います。

 ――ただ、オリックスは在阪チームで若さもある。レギュラーのチャンスもあった

 大和:レギュラーというのは自分から奪うもの。ポジションが空いているから行く、というわけでもないと思います。僕はレギュラーの確約なんて
いらなかったし、結果が出なければ試合に出られないのがこの世界。FAで来たからといって特別扱いされたくないですしね。(DeNAには)
そういうのがないところにひかれたし、ここに来てよかったと思います。

 ――大和選手といえば守備。だが、定位置を奪うには打撃も求められる

 大和:もちろん打撃の成績を上げることも重要。(スイッチに転向した)昨年が左(打ち)を始めた1年目でしたし、まだ伸びしろはあると
思っています。具体的にどうこうはないですけど、左打席をどうにかしないと打率は残らないのは自分でも分かっている。左(打席)の練習が今後も
多くなると思います。

 ――右打席と左打席ではまだ違和感がある

 大和:ありますね。今でも右打席から左に代わると感じますよ。見る景色が違いますから。それはずっと抜けないと思います。自分の場合は今、
左打席から先に練習に入った方が右でもいい。右から入ると、左が少しおかしくなるので。

 ――12年間、慣れ親しんだ阪神から離れ、いろいろな意味で不安はないか

 大和:それは全然ない。自分が楽をしようと思えば阪神に残れましたけど、それをやめて(DeNAに)来たわけですから。不安なんて全くない。
(阪神を)出たからにはやるしかない。今はその気持ちしかない。

 ――まだシーズンで打率3割を残したことがない。全試合出場を重視したいか、それとも打率3割を目指したいか

 大和:その2つの目標なら全試合出場でしょうね。全試合出ることによって、打率3割の確率はあるわけですし。自分としては全試合出ないことには
(打率は)始まらないと思っています。それだけ試合に出場しているということは、結果を出しているはずなので。全試合出場して、結果を残したいです。

東スポWEB
headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe