>  > 


【野球】松坂にやられすぎ…嘆きの阪神・金本監督「なんでかなぁ。うちだけちゃうかなぁ」


2018/09/14 08:29

 (セ・リーグ、阪神2−6中日、21回戦、中日12勝9敗、13日、甲子園)何度、やられるんや…。阪神は中日・松坂大輔投手(38)に
3連敗を喫してバースデーでの甲子園凱旋の“引き立て役”となり、2−6と完敗。金本知憲監督(50)は「なんでかなぁ」とうめくしかなかった。
これで今季の甲子園での負け越しが決定。2位のヤクルトとは4・5ゲーム差に開いた。

 甲子園は松坂のためにあるのか−。そぼ降る雨が不快指数を増す。また打てなかった。しかも38歳の誕生日を迎えたレジェンドに、甲子園で
4479日ぶり勝利というおまけつき。どこまでお人よしなのか。甲子園は虎の本拠地じゃないの!? 助演男優賞ばりの打線に、金本監督は首を
ひねりっぱなしだった。

 「う〜ん、なんでかなぁ。うちだけちゃうかなぁ。なんでかなぁ…。得点圏にいってもね…」

 その答えはファンが一番知りたい。今季4度目の対戦で3勝(1敗)を献上。対戦防御率は、なんと1・96だ。阪神以外は防御率5・01(3勝3敗)−。
まさに「なんでかなぁ」だ。

 確かにこの日の松坂は最速144キロを計時。カットボールなど変化球も低めに決まっていたが、手も足も出なかったわけではなかった。

 1点を追う二回は先頭の糸井の死球から二死二、三塁を作るも、梅野が見逃し三振。五回は二死後、北條と糸原の連打と盗塁で二、三塁まで
こぎつけたが、大山が空振り三振に倒れた。結局、松坂から奪えたのは、片岡ヘッド兼打撃コーチが円陣を組んだ四回、一死三塁で陽川が放った
適時二塁打の1点のみ…。

 唯一、土をつけた4月19日のナゴヤドームでも7回4安打2得点と攻略しておらず、金本阪神として松坂に計23イニング、わずか6得点で3連敗。
学習能力を問われても仕方ないだろう。

 「要所要所はコーナーに決まっていたというのはあったしね。いい当たりが正面ついていた、というのもあったし」

 主将・福留は11日の走塁中に右太ももを痛めて途中交代。この日、マシン打撃を再開したものの、14日のヤクルト戦(甲子園)の出場については
「どうかな。まだ、難しいでしょうね」と虎将は説明した。

 これで今季、甲子園では51試合で19勝31敗1分け。11試合を残し、2年ぶり20度目のシーズン負け越しが決定した。1952年の
フランチャイズ制導入以降、過去19度でBクラスは17度。89・5%の確率でクライマックスシリーズ(CS)進出を逃すという負のデータが
算出された。

 3位巨人と1・5ゲーム差は変わらずも、2位ヤクルトとは4・5差に。最下位DeNAとも2・5差だ。「残り、頑張るだけ」。
金本監督が言葉を絞り出した。甲子園をこのまま泣かせ続けるわけにはいかない。

サンスポ
headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe