>  > 


【野球】中日新監督に与田剛氏最有力、かつての守護神に白羽


2018/10/09 11:10

中日次期監督の最有力候補に、球団OBで今季まで楽天2軍投手コーチを務めた与田剛氏(52)が挙がっていることが8日、分かった。

内部昇格も検討されたが、90年代の絶対的守護神だった同氏に白羽の矢が立った。
球団は一本化に向けて最終調整を進めており、白井文吾オーナー(90)の承認を受けて発表の運びとなる。

同氏は89年ドラフト1位で中日に入団。1年目の90年には最速157キロの速球を武器に31セーブを挙げ、新人王と最優秀救援投手賞の2冠に輝いた。
引退後はWBC日本代表の投手コーチ、楽天の1軍、2軍投手コーチを歴任しキャリアを重ねてきた。

今季の中日は救援陣が崩壊し、2年連続の5位が確定した。
試合中盤以降に逆転され、8日までに逆転負けが37試合を数えた。
山井、松坂、吉見らベテラン先発陣、若手では笠原、藤嶋らが奮闘したが、
期待された3年目の小笠原、2年目の柳らドラフト1位が伸び悩んだ。
岩瀬、浅尾ら黄金期を支えた中継ぎ陣も今季限りで引退し、投手陣の再建は急務。球団は、7年ぶりAクラス入りを託せる人物として同氏を見込んだ。

25日のドラフト会議に向け、中日は大阪桐蔭・根尾昂内野手(3年)の1位指名を公表。
西山球団代表はこの日「クジは監督が引く」と明言した。最終調整を経て、竜の再建は剛球右腕に託される。

◆与田剛(よだ・つよし)1965年(昭40)12月4日生まれ、千葉県出身。
木更津中央−亜大−NTT東京を経て89年ドラフト1位で中日入り。
1年目から抑えを務め、31セーブで最優秀救援投手を獲得。
その後ロッテ、日本ハム、阪神と移り引退。09、13年WBC投手コーチ。
16年から楽天コーチを務め今季限りで退団。通算148試合、8勝19敗59セーブ、防御率4・58。現役時代は182センチ、84キロ。右投げ右打ち。

headlines.yahoo.co.jp
10/9(火) 4:54配信

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181009-00356449-nksports-000-view.jpg
https://www.zakzak.co.jp/images/news/180205/spo1802050003-m1.jpg


[動画再生](YouTube)
1990 与田剛


[動画再生](YouTube)
1990 与田剛


[動画再生](YouTube)
伝説の乱闘王 グレン・ブラッグス

nipponbaseball.web.fc2.com
成績

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe