>  > 


【野球】伝説の大投手・村田兆治「メジャーリーグが一番欲しがったのは…」604試合 215勝177 敗33S 3.24


2019/01/14 00:02

伝説の大投手・村田兆治「メジャーリーグが一番欲しがったのは…」マサカリ直言で野球界を一刀両断!

ロッテ黄金期に君臨した大エースには、メジャー球団が群がった!? 215勝レジェンドが明かす「投手論」とは!!

インタビュー開始早々、村田兆治氏(69)はサイン用のボールをフォークボールの握りで持ち、こう言った。
「これを取ってごらん」。本誌記者が取ろうとすると、力を入れても、人差し指と中指に挟まれたボールはビクともしなかった。

村田 今でこそフォークボールは俺の代名詞のように言われるけど、最初から投げられたわけじゃない。プロ1年目から、いろんな変化球に取り組んだよ。
ただ、チェンジアップは体が前に突っ込んでしまって、どうしても自分の投球フォームには合わなかった。
でも、フォークは真っすぐと同じ腕の振りで投げられるから、自分の投球フォームに合っていたんだよね。
あとは、少年時代から阪神の村山実さんに憧れていたのも大きかったかな。
あの頃の阪神は打線が弱くてね。そんな中で村山さんは孤軍奮闘、必死で投げていた。
しかも武器はフォークボール。だから、自分もフォークを投げるピッチャーになりたかったんだ。

でも、マスターするのは容易じゃなかった。なんとかものになったのは4年目。
初めて2ケタ勝利(12勝8敗)できたんだけど、その間、血のにじむような投球練習をしたし、右手の中指と人差し指の間に牛乳瓶や特注の鉄の球を挟んだりもした。
フォークを投げられるようになったのは、そうしたトレーニングの賜物だったんだ。

村田氏のもう一つの代名詞が、軸足をくの字に曲げ、右肩を深く沈めた状態から投げ下ろす「マサカリ投法」だ。
このフォームが完成した背景には、1973年にロッテの監督となった金田正一氏の存在があった。

村田 ピッチングフォームで一番大事なのは、足と膝を使って投げること。打ち取りたいと思う意識が強くなると、どうしても体が早く突っ込む。
これを避けるためには、左膝を高く上げ、右膝を沈み込むようにすればいいというのが、俺の出した結論なんだ。
でも、このフォームで投げるには、走り込んで下半身を鍛えないといけない。
ちょうど、そんなことを考えている頃に、金田さんが監督になったのは幸運だったよ。文句を言いたくなるくらい、とにかく、よく走らされたから(笑

dailynewsonline.jp
2019.01.13 19:00 日刊大衆

https://www.news-postseven.com/picture/2018/06/jiji_murata_choji.jpg
https://baseballmaniaa.com/wp-content/uploads/2017/07/mig-2-219x300.jpg

npb.jp
成績


[動画再生](YouTube)
村田兆治【現役最後の登板】1990年10月13日(川崎球場)


[動画再生](YouTube)
1981.11 村田兆治 日米野球


[動画再生](YouTube)
村田兆治 黄金期西武打線に真っ向勝負 1989年


[動画再生](YouTube)
マイク・ディアズ村田兆治の引退試合でホームラン

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe