>  > 


【音楽】ポール・マッカートニー、ジョン・レノンと共に自慰行為に及んだエピソードについて語る「考えてみるとすごく下品だよね」


2018/09/12 22:24

2018.9.12 水曜日
ポール・マッカートニー、ジョン・レノンと共に自慰行為に及んだエピソードについて語る

ポール・マッカートニーは、ジョン・レノンと共に自慰行為に及んだことや、「下品な」行動がいかにバンドを結びつけることになったかについて語っている。

元ザ・ビートルズのベーシストであるポール・マッカートニーは9月7日にソロ18作目となるニュー・アルバム『エジプト・ステーション』をリリースしており、『NME』は4つ星をつけたレヴューで次のように評している。「アップビートで愛嬌のあるサウンドに満ちた、シンプルで正直なアルバムである。それはまるで、世界で最も有名な人物が私たちのために日記を公開してくれているかのようだ」

ポール・マッカートニーは今回『GQ』誌によるインタヴューの中で1997年に刊行された自伝『ポール・マッカートニー:メニー・イヤーズ・フロム・ナウ』の中で明かされていたエピソードについて語っている。「どういうものだったかっていうと、ジョン(・レノン)の家でやっていたもので、グループでやっていたんだ」とポール・マッカートニーは説明している。「僕らはお酒に酔ったり、パーティをしたりすることもなく――夜更かしをしていたかさえも覚えてないよ――みんなで椅子に座って電気を消して、誰か一人がマスターベーションを始めると、みんなもやるっていうね」

この活動は、ポール・マッカートニー、ジョン・レノン、そしてジョン・レノンの3人の友人からなるグループで行ったものだといい、彼らはマスターベーションをしている間、思い浮かべている相手の名前を叫んでいたという。「『ブリジット・バルドー!』みたいな感じでね。それで、みんなもっと力を入れるっていうね」

ポール・マッカートニーは、ジョン・レノンが他の人たちの集中を削ぐためにウィンストン・チャーチルなどの名前を叫んでいたことを明かしているほか、この活動を行ったのは「一度か二度くらい」だったと語っている。「そんなに大層なことではないんだけどね」と彼は語っている。「でもほら、そこまで考えるような類のものではないからね。単にグループだったっていうのに過ぎないんだ。そうだね、考えてみるとすごく下品だよね」

「子供時代を振り返ると、『そんなことやってたの?』っていうような似たようなことをたくさんしているわけでね。けど、無害でとても楽しいものだったよ。誰も傷つけていないからね。ブリジット・バルドーさえもね」

>>2以降につづく)


Photo: GETTY
https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/09/BeatlesGettyImages-3295261-720x458.jpg

nme-jp.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe