>  > 


【MLB】大谷 球場に姿現す リハビリか ふだん通りの様子


2018/06/11 13:18

右ひじのじん帯を痛めて治療を受けたエンジェルスの大谷翔平選手が、10日、本拠地の球場を訪れました。球場には4時間ほど滞在しリハビリを行うなどしたと見られます。

大谷選手は右ひじのじん帯を痛めて、今月7日に回復を促す注射の治療を受け、翌日、故障者リストに入りました。

大谷選手は治療から3日たった10日、エンジェルスの本拠地、アナハイムのエンジェルスタジアムに姿を現しました。

チームは遠征中ですが大谷選手のほか球場にはトレーナーも入り、およそ4時間滞在しました。

エンジェルスは大谷選手の治療後の状態について発表していませんが、球団幹部は、治療を受けたあと2日から3日は安静にして、その後、リハビリや体の調整を始めるとしていたことから、大谷選手は球場内の施設でリハビリを行うなどしたとみられます。

大谷選手は、球場から帰宅する際には右手で軽い荷物を持ち、右腕をかばうそぶりもなく、ふだん通りの様子でした。

大谷選手は今後は3週間ほどリハビリに専念したあと再検査を受けて、右ひじのじん帯が回復してきているか確認する予定です。

2018年6月11日 13時03分
NHK NEWS WEB
www3.nhk.or.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe