>  > 


【MLB】大谷、弾丸2安打で今季20度目マルチ 打率.295と3割目前、エンゼルスはPO消滅阻止


2018/09/13 14:10

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地レンジャーズ戦に「4番・DH」で渡米後最長の8試合連続スタメン出場。
第2打席に2試合ぶりのヒットとなる二塁打を放つと、7回には右前打で3打数2安打1四球1三振1得点。いずれも打球速度170キロを超える痛烈なヒットで
今季20度目のマルチ安打をマークした。エンゼルスは敗れればプレーオフ進出が完全に消滅する一戦だったが、8-1で快勝し2連勝を飾った。

 大谷は初回は先発右腕ガヤードのチェンジアップにバットが空を切り空振り三振。しかし、2点リードで迎えた3回2死走者なしの場面で
痛烈な一打を放った。ガヤードのスライダーを捉え、痛烈なライナーで右翼手の頭上を破る二塁打。打球速度108マイル(約173.9キロ)、
飛距離360フィート(約110メートル)の大飛球で2試合ぶり安打をマークした。

 エンゼルスはその後、アップトン、シモンズが連続タイムリーを放つと、フェルナンデスが2ラン。大谷が打線に火をつけ、2アウトから
4連打で4点を奪った。

 大谷は5回先頭では2番手ビベンズダークスから四球を選ぶも、アップトンは併殺打。そして、7回にも快音を響かせる。1死走者なしで打席に立つと、
右腕右腕バトラーの初球94マイル(約151キロ)の直球を捉え、一二塁間を破る右前打。初速109マイル(約175キロ)と1本目の二塁打の
打球速度を上回る痛烈なヒットだった。その後、三塁まで進むも、得点にはつながらなかった。

 エンゼルスはそのまま勝利。大谷は3打数2安打で打率.295まで上昇。3割到達にいよいよ迫ってきた。

Full-Count編集部

headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe