>  > 


【MLB】田中将大、7回1失点、わずか73球の快投で3勝目! 昨季CY賞左腕スネルに投げ勝つ 3勝3敗 3.44


2019/05/13 06:00

相手先発は昨季のサイ・ヤング賞左腕スネル、7回1失点で田中が投げ勝つ

■ヤンキース 7-1 レイズ(日本時間13日・タンパ)

ヤンキースの田中将大投手が12日(日本時間13日)、敵地レイズ戦に先発し7回5安打1失点、7奪三振の好投で今季3勝目を挙げた。
課題だったスプリットも安定し、わずか73球でレイズ打線に凡打の山を築いた。
昨季のサイ・ヤング賞左腕スネルに投げ勝つ力投でチームは7-1で勝利した。

田中は序盤から安定した投球を見せた。初回は2死から崔志万に三塁内野安打を浴びたが、続くディアスを三ゴロに仕留め無失点スタート。
2回も1死からガルシアに中前打を許したがキーアマイヤーを空振り三振、ロバートソンを二飛に抑える。

3回は先頭のベンブームを89.8マイル(約145キロ)の直球で空振り三振、メドウズを中直、パームをスライダーで空振り三振に仕留め3者凡退。
4回も崔志万をスプリットで空振り三振、ディアスを右飛、B・ロウをスライダーで空振り三振に抑え2イニング連続3者凡退に打ち取った。

5回はガルシアを三ゴロ、キーアマイヤーを二ゴロ、ロバートソンを空振り三振に抑え好投を続ける。
6回は先頭のベンブームを左飛に仕留め12者連続凡退。
だが、続くメドウズにバックスクリーンへ一発を浴び1点を失った。

7回もマウンドに上がった田中。先頭のガルシアを遊ゴロ、キーアマイヤーを一ゴロ、ロバートソンを遊ゴロとわずか4球で3者凡退に。
田中は7回5安打1失点、7奪三振の好投を見せ今季3勝目の権利を持って降板となった。

9回表にエストラーダが初球をファールしたところで球場の照明が切れるアクシデントもあったが、約42分後に試合は再開。
エストラーダは3球目の直球を捉え右翼へソロを放った。

序盤はスプリット、スライダーが冴え三振を奪うと、中盤は一発こそ浴びたが打たせて取る投球で球数はわずか73球。
昨季のサイ・ヤング賞左腕スネルとの投げ合いはスネルが6者連続を含む12三振を奪う快投を見せたが、安定感を取り戻した田中の力投が勝った。
今季5度目のクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)で防御率は3.44。

○田中の全投球内容

【初回】 三邪飛 見逃し三振 遊撃内野安打 三ゴロ (1K)
【2回】 左飛 中前打 空振り三振 二飛 (1K)
【3回】 空振り三振 中直 空振り三振 (2K)
【4回】 空振り三振 右飛 空振り三振 (2K)
【5回】 三ゴロ 二ゴロ 空振り三振 (1K)
【6回】 左飛 中本塁打 三ゴロ 右前打 中前打 左飛
【7回】 遊ゴロ 一ゴロ 遊ゴロ

headlines.yahoo.co.jp
5/13(月) 5:48配信

baseball.yahoo.co.jp
試合スコア

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe