>  > 


【NBA】ファイナル敗退のレブロン・ジェームズ、手を骨折したままプレーしていたと明かす


2018/06/09 17:05

【6月9日 AFP】NBAファイナル(7回戦制)でゴールデンステイト・ウォリアーズ(Golden State Warriors)に4連敗を喫し、スイープされてシーズンが終わったクリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)のレブロン・ジェームズ(LeBron James)が8日、シリーズ第2戦からの3試合は右手を骨折した状態でプレーしていたことを明らかにした。

 ウォリアーズの本拠地で行われた第1戦の試合後にけがをしたと明かしたジェームズは、ギプスで固定された手をみせながら、「最後の3試合は手を骨折した状態で、自分の感情を最大限にぶつけて戦っていた」と話した。

 第1戦の第4クオーター終盤、キャバリアーズはファウルの判定が覆ってフリースローが与えられ、1本目で同点に追いついたが、外れた2本目のリバウンドをつかんだJR・スミス(J.R. Smith)がリードしていると勘違いしてシュートを打たず、ドリブルしてバスケットから離れてしまった。そして試合は延長戦の末に114-124でキャバリアーズが敗れた。

 このときジェームズがスミスに怒りをあらわにする姿は、インターネットで大きな話題となった。米スポーツ専門チャンネルESPNの報道によると、ジェームズはロッカールームの黒板をたたき、2度にわたるMRI検査で骨折していることが判明。「もちろん、自分はボクサーのような手は持っていない」と話したジェームズのけがは隠されていたため、ウォリアーズ側も知らなかったとみられる。

2018年6月9日 16:16 発信地:クリーブランド/米国
www.afpbb.com

関連スレ
【NBA】ファイナル第4戦:ゴールデンステート・ウォリアーズが2連覇! キャブスとのファイナルでスウィープ達成
hayabusa9.5ch.net

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe