>  > 


【アニメ】HUGっと!プリキュア:歴代プリキュア総登場の裏側スタッフの苦労も「内藤Pが会社中で怒られていて、申し訳ない」


2019/02/26 16:21

 人気アニメ「プリキュア」シリーズの劇場版「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」(宮本浩史監督)の応援上映イベントが21日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、東映アニメーションの内藤圭祐プロデューサー、神木優プロデューサーが登場した。1月に最終回を迎えた「プリキュア」シリーズ第15弾「HUGっと!プリキュア」は、歴代プリキュアが総登場したことも話題になり、同作を手がけた内藤プロデューサーは「プリキュア15周年で何かできないかと思っていた。テレビアニメでやる内容じゃなかったですよね……」と苦労を語った。

 この日、上映された「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」は「プリキュア」シリーズ15周年記念作として2018年10月に公開。同作にも歴代プリキュアが総登場した。内藤プロデューサーと劇場版を手がけた神木プロデューサーは劇場版とテレビアニメが連動できるような施策を考え、両方に歴代プリキュアが総登場する運びになった。

 テレビアニメに歴代プリキュアを総登場させるために、スタッフは苦労が多かったといい、神木プロデューサーは「内藤が会社中で怒られていて、申し訳ないな……となっていました」と明かした。内藤プロデューサーは「HUGっと!プリキュア」が最終回を迎えたことについて、「ホッとしたのが正直なところ。無事に(次の作品に)バトンを渡せました。最終話の初号試写を終え、神木に『お疲れさまです』と言われ、本当にホッとしました」と話した。

 内藤プロデューサーは3月16日に公開される劇場版最新作「映画プリキュアミラクルユニバース」(貝澤幸男監督)も手がける。新作を「今まで以上に参加型になっています。劇場の一体感を目指しました」とアピールした。

https://storage.mantan-web.jp/images/2019/02/21/20190221dog00m200092000c/001_size6.jpg
mantan-web.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe