>  > 


【アニメ】何が起こっているのか…「サザエさん」の謎現象 オープニングで「タマ」が「フライング」? その理由とは


2019/04/02 16:05

→「サザエさん」のオープニングで起きている「サプライズ」が話題だ
→果物から登場するおなじみのシーンで、タマがフライングすることがある
→フジテレビ広報によると、フライングの理由はタマの「気まぐれ」とのこと

休日の終わりを知らせる国民的アニメ「サザエさん」(フジテレビ)のオープニングで、ある不思議な現象が起こっているのをご存じですか。その主役はサザエさんやカツオ、ワカメではなく、サザエさん一家の愛猫「タマ」です。突然始まったある「サプライズ」が、ツイッターでも話題となっています。

■「タマ」がたまにフライング?

 記者がこの事象を知ったのは、「サザエさん」の次回予告の後にある「じゃんけん」を27年間研究している、高木啓之さんを取材したときでした。「いつもと違う、ということが一瞬でわかりました」という高木さん。

 「しかも、いつ起こるのかわかりません」

 「サザエさん」のオープニングといえば、1974年1月から続く「旅」のアニメーション。サザエさんが日本各地へ旅に出て、それぞれの県の見どころを紹介しています。最初の旅先は石川県だったそうで、現在の「静岡県編」は昨年10月から始まり、冬バージョンが今年1月から放送されています。

 しかし、そんなオープニング映像の終盤で、その現象は起こっています。サザエさんやカツオなどが野菜や果物(2019年3月時点ではりんご)の中から登場する、おなじみのあのシーンです。

 通常、その右側の野菜や果物(同みかん)からは、サザエさんらが登場した後に、タマが登場して小さく踊っています。

 ところが、「たまに」サザエさんらより先に、タマがみかんからひょっこり体を出し、サザエさんらが登場するりんごをのぞき込んでいることがあるのです。その後は再びみかんの中に姿を隠し、通常通りのオープニングの流れに戻ります。

■翌週は通常版「本当に見たのだろうか…」

 2019年1月頃からツイッターでも、「初めて見た」「これっていつもなの?」「気になってほとんど内容が入ってこなかった」などと話題に。2月にも再度確認され、この現象はタマの「フライング」として認知されつつあります。

 ただ、翌週の放送では通常通りのオープニングになっているため、「自分は本当に見たのだろうか……」と記憶を疑い始めるツイッターユーザーもいました。

 「サザエさんじゃんけん」を研究する高木さんは毎週放送を見続けているため、この「サプライズ」にもすぐに気づいたそうです。それ以来、専門である「サザエさんが出した手」に加え、タマがフライングした日の記録も続けています。

 高木さんの調査によると、最初の「フライング」は2019年1月13日、その後2月24日、3月17日とこれまで3回の放送で起こっているそうです。

 一体、タマに何が起こっているのでしょうか。1969年から「サザエさん」を放送しているフジテレビに取材を申し込むと、広報宣伝室の担当者から回答が得られました。

■どうしてフライング? その理由は…

 担当者によると、タマが「フライング」するようになったのは、やはり「2019年1月」からだそうです。でも、気になるのはその理由です。どうしてタマは「フライング」しているのでしょうか。

 答えは、「タマに聞いてみないとわかりません」。

 どうやらフライングして登場するのは、タマの「気まぐれ」……? 「どんなときにフライングをするのでしょうか」という質問には「時々タマが慌ててしまうようです」と教えてくれました。

 確かに、気ままで行動を予測できないのが猫の愛らしさでもあります。オープニングのほんの一瞬のできごとにも、たくさんの人間たちが心を奪われてしまう所以を感じます。

 ちなみに、今回話題となったサザエさんやタマが登場する野菜や果物の種類は、春夏秋冬で変わっているそうです。「サザエさん」の公式サイトを見てみると、過去のオープニング映像がずらり。例えば直前の2018年10月〜12月は「柿と栗」。これまで全く意識していませんでしたが、細かいところまでこだわりが感じられます。

関連記事
「サザエさんじゃんけん」戦いを挑み続ける男 27年の研究、勝率は - withnews(ウィズニュース)
withnews.jp

news.livedoor.com
続く)

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe