>  > 


【イベント】 声優・石田彰も出演決定! 「練馬アニメカーニバル」にて「落語心中」トークステージ


2017/09/13 17:53

ニュース 2017.9.13 Wed 17:37

「練馬アニメカーニバル2017」(10月14日〜15日開催)のコンテンツ・ゲストが発表された。『昭和元禄落語心中』のステージでは、有楽亭八雲役を演じた石田彰らが登壇し、落語・マンガ・アニメの魅力に迫るトークを展開。
さらに、国内外で高く評価される映画『この世界の片隅に』の大ヒット感謝祭や、『タツノコプロ55周年祭』スペシャルステージなど、盛り沢山な内容となっている。

「練馬アニメカーニバル」は、アニメ関連会社が多く集まる東京都練馬区で、アニメをより深く、楽しく、身近に感じてもらうことを目的とした企画。
今年は「アニメ作品がもう一歩面白くなる2日間」をテーマに掲げ、アニメーション作品の中に活きる技術や、制作に参加するクリエイターの思いなどを知り、作品がさらに面白くなるイベントを目指すという。

10月14日開催の「『昭和元禄落語心中』落語とマンガとアニメと。」ステージでは、声優の石田彰をはじめ、原作者の雲田はるこ、落語家の立川志らくと立川志ら乃が登壇し、
落語とマンガとアニメの魅力に迫る。トークはもちろん、アニメ『昭和元禄落語心中』から厳選された1本の上映や、立川志ら乃による落語もお届け。

同じく14日には「映画『この世界の片隅に』大ヒット感謝祭」を開催。こちらには練馬区内にある日本大学芸術学部出身であり、
現在も同校で講師を務める片渕須直監督が登壇する。真木太郎プロデューサーと径子役の尾身美詞も参加し、公開約1年を記念したトークが繰り広げられる。

15日には「『タツノコプロ55周年祭』スペシャルステージ」として、関連作品の上映や関係者によるトーク、そして55周年を記念したスペシャルステージを開催。
また「神谷明と大地丙太郎の勝手にプロジェクト」では、声優の神谷明と大地丙太郎監督が登壇し、プロジェクト第1弾作品『ロボットくノ一女かげちゃん』のPV上映を予定している。

「練馬アニメカーニバル2017」
開催:2017年10月14日(土)・15日(日)11:00〜18:30
入場:無料

『昭和元禄落語心中』
(C)雲田はるこ/講談社

『この世界の片隅に』
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

『ロボットくノ一女かげちゃん』
(C)MEKAGE PROJECT
《高橋克則》
animeanime.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe