>  > 


【インタビュー】 「赤尾ひかる」声優インタビュー&ミニグラビア【声優図鑑】


2019/02/14 19:11

アニメ部 2019/2/14

https://ddnavi.com/wp-content/uploads/2019/02/akao_kanban.jpg

編集部が注目する声優に、仕事に向き合う気持ちからプライベートまでをじっくり伺い、撮り下ろしのミニグラビアを交えて紹介する人気企画「声優図鑑」。
第211回となる今回は、『こみっくがーるず』萌田薫子役、ゲーム『オンゲキ』で星咲あかりなどを演じる赤尾ひかるさんです。

――撮影はどうでしたか?

赤尾:メイクさんから「ハーフツインが似合うね」と言っていただいたり、目の下にもきっと似合うからってキラキラを選んでいただいたりして楽しかったです。撮影も、外での撮影ってそんなに多くないんですけど、みんなで歩きながらおしゃべりして笑いがあふれる時間でした。

――2018年春からテレビアニメ『こみっくがーるず』で、萌田薫子役として主演されたのが記憶に新しいです。

赤尾:ドジっ子っていうキャラクターはたくさんいると思いますけど、薫子はダメっ子で。でも、夢を叶えるために涙しながらも頑張り続けるところが好きで、応援したいなと思える子でした。

――自分と重ね合わせる部分はありましたか?

赤尾:同期の役を同期が、先輩のキャラクターを先輩キャストさんが演じていて、感情移入しやすかったです。あと、みんなからは「かおすそのまんまだね」って言われます。自分では自覚がないんですけど、お泊まり会で転んじゃったりしたときに……。

――お泊まり会?

赤尾:本渡楓さん、大西沙織さん、高橋李依さんの4人で、李依さんのおうちに。第一話の上映会をしたとき、また集まりたいねっていう話になって。たまに3人になったりしましたけど、なんとなくいつも全員いる感じで。最終回は、原作のはんざわかおり先生も一緒にお泊まりしました。最初はベッドと敷布団に2人ずつ寝てるんですけど、ふざけてるうちに入れ替わっていたりして(笑)。


――その後に出演したアニメ『Back Street Girls -ゴクドルズ-』では、元極道のアイドルという強烈な役を。

赤尾:急に強烈な役を演じて、見た方はびっくりされたかもしれませんね(笑)。原作が声を出して笑えるくらい面白い作品だったので、原作に負けない勢いで演じることが大切かな、と思って現場に向かわせていただきました。アフレコでは、ゲストの方々もキャラクターが濃くて、テストで笑いをこらえるのが大変でした(笑)。

――ギャグ作品は好きなほうですか?

赤尾:笑いのある作品は大好きです! 『こみっくがーるず』もギャグが多くて、2作品とも同じ音響監督さんだったこともあって、しりごみせずにできたと思います。『こみっくがーるず』も、みんなでアドリブを入れるだけ入れよう! みんなで面白いものを作り上げよう! という気持ちが大きかった作品ですね。

――『温泉むすめ』では、作並日果役を演じてどうでしたか?

赤尾:今まで演じたことがないような色っぽさがあって新鮮でした。可愛らしい役が多かった中で、こういう役を演じられたのはありがたいことだなって思います。わたしは日果ちゃんと違ってお酒があんまり飲めないんですけど(笑)。


――赤尾さんが声優を目指したきっかけは?
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
ddnavi.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe