>  > 


【フィギュア】江戸時代中期の画家・伊藤若冲の鶏、海洋堂がフィギュア化 「後ろ姿も楽しんで」


2019/03/10 21:58

 江戸時代中期に京都で活躍した画家・伊藤若冲(じゃくちゅう、1716〜1800)が繰り返しモチーフとして描いた鶏が、高さ約30センチのフィギュアとして三次元化された。海洋堂(大阪府門真市)の造形作家が制作した。

 フィギュアのもとになったのは、動植物を描いた30枚の彩色画「動植綵絵(どうしょくさいえ)」のうち、躍動感ある雄鶏が描かれた「南天雄鶏図」。海洋堂のペイントデザイナー、古田悟郎さん(47)がフィギュア化を担当した。

 古田さんはこれまで、和歌山県で見つかった海生爬虫(はちゅう)類「モササウルス」など、博物館に展示する古代生物の造形を手がけてきた実績がある。

 今回のフィギュア作りでも、オスの鶏の骨格で頭と胴体の長さの比率などを確認。羽根は一枚ずつ作るなど、造形に2年をかけた。古田さんは「立体パズルを解くような感じだった」と振り返る。元の絵には描かれていない後ろ姿なども含めて、造形を楽しんでほしいという。

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190306001807_commL.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190306002947_comm.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190306002935_comm.jpg

朝日新聞デジタル
www.asahi.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe