>  > 


【劇場版アニメ】「あの花」「ここさけ」長井龍雪監督、脚本家岡田麿里の最新作が10月公開!超平和バスターズ集結


2019/03/21 15:20

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」の長井龍雪監督の最新作となるオリジナル長編アニメ「空の青さを知る人よ」が、10月11日に全国東宝系にて公開されることが決定した。

同作では「あの花」「ここさけ」と同じく、脚本家の岡田麿里、キャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀によるクリエイターチーム・超平和バスターズが集結し、オリジナルストーリーを構築。またプロデューサーとして「あの花」「ここさけ」の清水博之、「君の名は。」の川村元気が参加する。

本日3月21日にはティザービジュアルが公開。車の屋根に腰掛けながらベースを手に空を見つめる少女と、「これは、せつなくてふしぎな、二度目の初恋の物語。」というキャッチコピーがあしらわれた。このたび公開決定を記念した特別映像も解禁され、同映像は本日深夜にフジテレビ「ノイタミナ枠」で放送の「約束のネバーランド」内でもオンエアされる。

■長井龍雪監督コメント
また秩父を舞台に映画を作らせてもらえることになりました。
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」と合わせて
晴れて三部作ということになります。
こうして続けてこれたのも応援してくださった皆様のお陰です。
今回は、昔思い描いた自分と向き合っていくキャラクター達の不思議な四角関係のお話です。
精一杯頑張りますので、楽しんで頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします!

■岡田磨里(脚本)コメント
いつものメンバーで、
いつもの秩父を舞台にしたアニメを作ることになりました。
今までの作品のなかでいちばんシンプルでありながら、
静かに意欲的な作品になっていると思います。
自分以上になれない自分を、目をそらさず見つめるための物語。
皆さまに楽しんでいただけるよう、ラストスパート。がんばります。

■田中将賀(キャラクターデザイン・総作画監督)コメント
今回も僕ららしい作品になっていると思います。
これまで秩父を舞台にしてきた作品の一つの着地点として。
そして、これからも続く僕らの作品の出発点になったらと思っています。

■清水博之(プロデューサー)コメント
この数年間、監督たち三人はそれぞれ別の道を
歩みながらも、常に意識してくれていたのは本作のことでした。

環境も時代も移りゆく中、三たび、オリジナルアニメにチャレンジすることは大変な道のりでしたが、最終的には懐かしさと切なさ、前向きさが詰まった青春ストーリーが出来上がりました。

感動はつながるーー。

https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2019/0320/soraao_teaser_fixw_234.jpg

コミックナタリー
natalie.mu

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe