>  > 


【実写化】平野紫耀×橋本環奈で「かぐや様は告らせたい」実写映画化 天才たちの“恋愛頭脳戦”が始まる


2019/02/24 12:53

赤坂アカ氏の人気ラブコメ漫画「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」が実写映画化されることになり、平野紫耀(King & Prince)が主演、橋本環奈がヒロイン役を務めることがわかった。初共演の2人が、両思いの天才同士が繰り広げる、超高度な“恋愛頭脳戦”を体現する。

原作は2015年6月から週刊ヤングジャンプで連載開始し、単行本の累計発行部数は450万部を突破、アニメも好評放送中の同名漫画。超名門私立「秀知院学園」の生徒会長・白銀御行(平野)は、頭脳明晰で全国模試上位常連だ。大財閥の令嬢で、絶世の美ぼうを誇る生徒会副会長・四宮かぐや(橋本)と互いに惹かれあっていたが、高すぎるプライドが邪魔をし、双方告白することができないまま、半年が経過しようとしていた。

いつしか2人は「自分から告白したら“負け”」と自縄自縛に陥り、「いかにして相手に告白させるか」のみを考えるように。天才であるがゆえに恋愛に不器用で純粋な御行&かぐやが、相手に告白させるため、己の存在をかけた戦いに身を投じていく。

人気アイドルグループの最前線で活躍し、映画「honey」「ういらぶ。」などにも出演する一方、ド天然キャラとしても知られる平野。オファーを受け「なんて斬新な作品なんだ!」と驚がくしたようで、「演じる白銀御行は天才という役柄ですが、僕自身はメンバーやファンの方々からよく天然と言われることが多いので、自分で大丈夫なのかなという不安があります(笑)」と明かす。それでも「これから監督さんやスタッフさんと相談しながら、天才とはどのような感じか、細かい仕草などを勉強して撮影に挑みたいと思います」と語る。そして、「テレビなどで橋本さんを拝見すると、自分と同じハスキーボイスだったので、勝手に親近感を覚えていました(笑)。自分自身は“告らせたい”派よりも、“告りたい”派ですが、原作を読み込んでヒントを得て、役との差を埋められるよう頑張っていきたいと思います」と熱く意気込んだ。

さらに「映画 暗殺教室」「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」「キングダム」と、“ジャンプ作品”への出演が多い橋本。もともと原作を読んでいたそうで「実写化したら面白いだろうなと思っていたので、今回お話を頂き『私なんだ』と驚きつつも、嬉しく思いました」と振り返る。果敢な役どころに挑むことも多いため「私が演じる四宮かぐやは、上品であり、まじめで冷静な天才という役柄です。仕草や行動が天才に映るようがんばりたいと思います」と語り、「平野さんは、テレビで拝見する限り、ある意味『天才』、そして素晴らしい『逸材』だと思っていました。天才は少し変わっているので、いろんな意味で平野さんみたいな方はいないと思っていましたし、ピッタリだと思います。私自身は“告りたい”派のため、“告らせたい”という気持ちはないので、原作を読み込んで勉強したいと思います」と話している。

監督は「俺物語!!」「ニセコイ」などの河合勇人が務め、脚本はドラマ「海月姫」や映画「翔んで埼玉」などの徳永友一が執筆。3〜4月に都内近郊で撮影され、9月6日に全国で公開される。

https://eiga.k-img.com/images/anime/news/108059/photo/74716ea8378568da/320.jpg
https://eiga.k-img.com/images/anime/news/108059/photo/8d3abff1f1276d2d/320.jpg

anime.eiga.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe