>  > 


【実写化】名作ゲーム「Doom」の実写版映画「DOOM: ANNIHILATION」の予告編が公開、ファンは激怒


2019/03/12 14:09

「Doom」はその流血描写や銃撃シーンなどの暴力的な表現で論争の的になりながらも、ゲーム史に影響を与えたとまで評されるゲームの1つで、2016年にはリブート版が登場するなどいまだに高い人気を得ているゲームです。そんなDoomがユニバーサル・ピクチャーによって「DOOM:ANNIHILATION」として実写映画化予定で、予告編が公開されたのですが、予告編の出来栄えにソーシャルメディア上では不満の声が上がっています。
https://i.gzn.jp/img/2019/03/12/doom-annihilation-trailer/00_m.png

■動画
DOOM: ANNIHILATION (2019) Exclusive Trailer "We Call it Hell" HD youtu.be

予告編は30秒の短いムービーで、宇宙空間を航行する1隻の宇宙船からスタートします。

宇宙基地に到着。ムービーでは明らかになっていませんが、Doomの最初のステージ、火星の衛星フォボスなのかも。

「任務は死なないことだ」武装する主人公たち。
突如アークパイルのようなモンスターが出現し、主人公と交戦します。本家Doomにはさまざまな敵キャラクターが登場しますが、このムービーにハッキリと登場するのはアークパイルとインプのみ。
逃げ惑う人々。Doomを代表する武器であるチェーンソーを持って戦うシーンもありました。

インプを殲滅しているようなシーンでムービーは終了。

この予告編に対し、記事作成時点でYouTube上には高評価に対して10倍以上もの低評価がつく「大炎上」状態となっています。

YouTubeのコメント欄は「2005年のDoomの映画は酷いと思ってたが、ANNIHILATIONの予告編の後だと良作に見えてくる」「これ、バイオハザードの映画だっけ?地獄のゲートからやってくる悪魔はどうしたんだよ」「Doomのロゴが出てこなかったら絶対にDoomの映画だと思わないな」と荒れに荒れています。

また、ゲーム版Doomシリーズの公式Twitterアカウントはファンからの質問に対し、「我々はこのムービーに関与していない」とコメントしています。

DOOM:ANNIHILATIONは2019年の年末に公開される予定ですが、日本での公開日は記事作成時点では未定です。

gigazine.net

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe