>  > 


【将棋】藤井聡太七段(16)の“首ふり人形” 販売開始


2019/03/05 01:11

www3.nhk.or.jp

藤井聡太七段の“首ふり人形” 販売開始
2019年3月4日 18時22分将棋

史上最年少でプロ入りして以来、活躍を続けている高校生の将棋棋士、藤井聡太七段の新たな公式グッズとして、将棋界で初めてとなる「首ふり人形」の販売が始まりました。

この人形は、藤井聡太七段(16)の活躍ぶりを記念して、日本将棋連盟が4日から販売を始めました。

野球選手のグッズとして定着している「ボブルヘッド」と呼ばれる高さ14センチほどの人形で、去年12月に行われた「新人王戦」の表彰式での姿が再現され、優勝トロフィーを片手に晴れやかな表情で大きな頭をゆらゆらと揺らします。

「ボブルヘッド」の販売は将棋界では初めてで、東京・渋谷区にある将棋会館の販売コーナーでは、午前10時の販売開始前から30人以上が列を作り、中には1人で5つ購入するファンの姿も見られました。

2つ購入した76歳の女性は「プロ入りした時からファンで、対局があるたびに神社にお参りしています。あまり似ていないですが、かわいいです。いつかは『名人』を取ってほしいです」と話していました。

この人形は、東京と大阪の将棋会館やインターネットを通じ、900個の数量限定で1つ2700円で販売されるということです。

藤井七段は高校生になった今年度も勝率が8割を超えるめざましい活躍を続け、自身の新たな公式グッズについて「自分が人形になるというのはとても不思議な気持ちがします。首の動きがかわいいと感じました」とコメントしています。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe