>  > 


【就任式】 「ライフル・イズ・ビューティフル」キャスト陣がライフル射撃協会の宣伝大使に


2019/06/02 21:16

2019年6月1日 15:12
サルミアッキ原作によるアニメ「ライフル・イズ・ビューティフル」より、メインキャスト4人によるユニット・ライフリング4が、公益社団法人日本ライフル射撃協会の公認宣伝大使に就任。その就任式が本日6月1日に東京・Japan Sport Olympic Squareにて行われた。

「ライフル・イズ・ビューティフル」はライフル射撃を題材に、廃部になった高校の射撃部を再建し全国一を目指す少女たちを描いた物語。就任式には小倉ひかり役のMachico、渋沢泉水役の熊田茜音、姪浜エリカ役の南早紀、五十嵐雪緒役の八巻アンナらライフリング4のメンバーと、公益社団法人日本ライフル射撃協会の会長・松丸喜一郎氏が出席した。

松丸会長は、まずライフル射撃競技が現状まだマイナーな競技であることを説明。その背景には、日本には厳しい銃刀法があるために普及がしづらい状況にあると話す。そして今回の「ライフル・イズ・ビューティフル」アニメ化に合わせ「自衛隊員、警察官というイメージが付いていたライフル射撃競技を、楽しく競技ができる種目であることを一緒に広めていきたい」と、公認宣伝大使任命の経緯を明かした。

ライフル射撃競技に固いイメージがあったというMachicoは「子供からでも年齢に関係なく楽しめる競技だということを作品を通して知ることができた」と自身の感じたことを話し、「私のように、作品をきっかけに興味を持ってくださる方も増えてくると思う。(ライフル射撃競技を)より気軽に構えることなく、身近に感じてもらえるような活動をできればいいなと思っています」と宣伝大使としての決意を語る。
熊田は「自分の人生の中で、まさか宣伝大使になれる日がくると思っていなかった」と驚きを伝える。続けて「知れば知るほど奥深くて、面白くて、真剣な競技だなと思いました。活動を通してこの思いや、ライフルの楽しさを知っていただきたい」と意気込みを伝えると、松丸会長も笑顔を見せていた。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
natalie.mu

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe