>  > 


【映画】マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』 声優・水樹奈々の吹き替えを竹中直人絶賛「圧倒された」


2019/03/15 20:48

マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』(3月15日公開)のジャパンプレミアが13日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われ、日本語吹き替え版で主人公キャプテン・マーベルの声を演じた水樹奈々と、ニック・フューリーの声を演じた竹中直人が登壇した。

マーベル初の女性ヒーロー単独主役として注目されている同作の主人公キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)は、過去の記憶を失ったミステリアスなヒーローで、“アベンジャーズ”誕生の鍵を握るキャラクター。彼女の記憶に仕掛けられた衝撃の事実を巡るサスペンスフル・アクションとなっている。

水樹は「本当に光栄に思っています。昨年オーディションがありまして、合格の知らせを受けたときは本当にうれしかったです」と興奮気味に語り、「これまでアニメ作品でも数々の強い女性を演じてきましたが、たぶん彼女が最強なんじゃないかなと思っています」とコメント。「アフレコ前はブリー・ラーソンさんと同じように腹筋をして、体を作って、しっかりご飯を食べて、全力で思いをぶつけました」と明かした。

また、これまでのマーベル作品にはない新しさについて、水樹は「まずは、単独作品としてはマーベル初の女性ヒーロー誕生ということで大きく違うというのと、記憶を失っているヒーローというのはこれまでの女性ヒーロー像とは違うところがある」と説明。竹中は「とにかく彼女が美しすぎて。たまらないっすよ。頬のラインが圧倒的にチャーミングなんですよね。それを見ているだけで…」と主演のブリー・ラーソンの魅力を語った。

さらに竹中は、「奈々さんの声がぴったりなんですよ。彼女(ブリー・ラーソン)とはまたもう一つ違うテンションで、より強くきているような感じがして、奈々さんに圧倒されました」と水樹の吹き替えを絶賛。竹中の熱弁に、水樹は「ありがとうございます」と照れ笑いを浮かべながら喜んだ。

マーベルファン代表として、兄弟お笑いコンビ・ミキの昴生と亜生も登壇。マーベル初の単独女性ヒーロー誕生を祝って作られたスペシャルケーキをお披露目した。

https://news.mynavi.jp/article/20190313-788534/images/003l.jpg
news.mynavi.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe