>  > 


【漫画】アニメ化するも作画崩壊、絶版 → 自費出版で根性の復活 苦難を乗り越え描き続ける漫画の作者に話を聞いた 2019/02/01


2019/02/01 19:20

2019年02月01日 11時00分 公開
アニメ化するも作画崩壊、絶版 → 自費出版で根性の復活 苦難を乗り越え描き続ける漫画の作者に話を聞いた (1/2)
そして2巻も発売。
[コンタケ,ねとらぼ]

 Webコミックサイト「GANMA!」で連載されていた漫画、『ミリオンドール』をご存じでしょうか。過去に作者である藍さん(@ai_milliondoll)にインタビューも実施した作品なのですが、アニメ版がいわゆる「作画崩壊」で話題に。アース・スターエンターテイメントから販売されていた単行本も発行部数に対して売れず、絶版となってしまいました。

 しかし現在、そんな『ミリオンドール』の単行本の1巻がまた新たに刷られ、COMITIA(コミティア)などの同人誌即売会で販売されています。販売元は藍さん自身。つまり、自費出版です。

 自費出版ながらも、漫画内に歌詞を入れるためJASRAC許諾申請を取得。また、出版社から販売されていたときと同じように帯を作成した他、内容や表紙もさまざまな点で改善が施されています。本自体は、書店に並んでいるものと同様のクオリティーに仕上がっている様子。

 とはいえ、個人でこれだけちゃんとした本を出すのは、相当な苦労がありました。販売に至るまでの苦労はTogetterにまとめられているのですが、そのかいもあって2018年11月25日のコミティア126では多くの人に新装版『ミリオンドール』を届けることができたそうです。

 一度打ち切りになった漫画を自費出版するという珍しい流れ、一体どのような思いで始めたのでしょうか。藍さんに話を聞いてみました。

―― アニメを見ていたときの心境と、絶版になったときの心境はどのようなものでしたか。
nlab.itmedia.co.jp

藍さんインタビュー
次のページへ
nlab.itmedia.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe