>  > 


【漫画】 「射撃ブームがきちゃう?」『ライフル・イズ・ビューティフル』アニメ化にファン大興奮!


2019/05/14 05:05

アニメ・マンガ 2019/5/12
 サルミアッキの人気マンガ『ライフル・イズ・ビューティフル』のアニメ化が決定。メインキャスト・スタッフも一挙解禁となり、ファンから「アニメ化の発表待ってました!」「射撃ブームがきちゃうんじゃないですか!?」と大反響が巻き起こった。

『ライフル・イズ・ビューティフル』は、現在『となりのヤングジャンプ』『ヤンジャン!』『少年ジャンプ+』で連載中。ビームライフル競技にスポットを当て、千鳥高校を舞台に小倉ひかり・渋沢泉水・姪浜エリカ・五十嵐雪緒のゆるくもひたむきな“射撃部ライフ”が描かれている。

 アニメ化で監督を務めるのは、「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」や「異能バトルは日常系のなかで」で知られる高橋正典。シリーズ構成と脚本を高橋龍也が担当し、アニメーション制作は「Studio 3Hz」が手がける。またメインキャストには、Machico(小倉ひかり)・熊田茜音(渋沢泉水)・南早紀(姪浜エリカ)・八巻アンナ(五十嵐雪緒)の4人を起用。さらに4人でアニメ公認のアイドルユニット「ライフリング4」を結成し、アニメとビームライフル競技の普及を目指すという。

 原作者のサルミアッキは、アニメ公式サイトにて「動いてはいけない射撃競技が題材の漫画がアニメ化です! 最初聞いたときは何の冗談かと思いましたが、スタッフの皆様のお力で素敵なものになっていっています」とコメント。続けて「千鳥高校の4人がどう喋り撃つのか。放送日、作者も今からワクワクしています」と期待の声を寄せた。

 アニメ化発表にファンも興味津々の様子で、「ビームライフル競技の静かな熱気がどう描かれるのか楽しみ!」「推し声優だらけのアニメ化だから見る以外の選択肢はない」「お布施間違いなしのユニットまで爆誕しちゃったよ」「『異能バトルは日常系のなかで』の高橋監督なら期待して待っていられるわ」といった興奮の声が続出。

 ビームライフル競技という特殊なジャンルがどのように表現されるのか、競技部4人の活躍を心待ちにしていよう。

■アニメ「ライフル・イズ・ビューティフル」
原作:サルミアッキ
監督:高橋正典
シリーズ構成・脚本:煖エ龍也
出演:Machico、熊田茜音、南早紀、八巻アンナ
公式サイト:chidori-high-school.com

ddnavi.com
この記事で紹介した書籍
ライフル・イズ・ビューティフル 1 (ヤングジャンプコミックス)
作家: サルミアッキ 出版社: 集英社 発売日: 2016/05/19 ISBN: 9784088903576

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe