>  > 


【どうぶつ】額にハート模様の赤ちゃん牛、熊谷の農業高校で誕生 「元気に育って」ラブリーおでこ、生徒らメロメロ


2019/01/30 14:18

www.saitama-np.co.jp
2019/01/30

ラブリーおでこにメロメロ―。
熊谷市の県立熊谷農業高校(韮塚光信校長、生徒数762人)で今月、額にハート模様がある雌のホルスタインの赤ちゃんが誕生した。
同校は生物生産工学科の搾乳実習のため乳牛を飼育、繁殖しているが、過去に類例はないという。
1月にちなんで「ムツキ」と命名され、生徒たちにかわいがられている。

ムツキは19日午前11時40分ごろ、人工授精した6歳の母親「カンナ」から産まれた。
生徒たちに見守られながらすくすく成長し、30キロほどだった体重も1週間で約5キロ増加。
黒地に白色のハート模様もいく分、大きくなった。

「額に逆三角形の模様を持つ牛は多いが、ムツキのようなハート模様は初めて。
平成最後の年に産まれ、縁起の良さを感じた」と指導する内海康博教諭(47)。
同科の1、2年生が交替で世話しており、人懐こい性格もあって、たちまち人気者に。
「かわいい模様を校外の人にも知ってほしい」とスマートフォンで撮影し、SNS(会員制交流サイト)に投稿する生徒も。

ムツキは種付け、出産を終えた2歳から搾乳を迎える。
同校で飼育する3頭中、最も乳が出るカンナの血統を受け継ぎ、乳牛としての期待も大きい。
2年生の高坂純寧(あやね)さん(17)は「このまま元気に育って、将来はお母さんに負けないくらい、たくさんお乳が出る牛になってほしい」と目を細めた。


額にハート模様のあるムツキ
http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/01/30/10.jpg

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe