> 


注目映画紹介:「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」荒木哲郎監督のテレビアニメの劇場版 美樹本キャラと映像美、迫力のバトルシーンは健在


2019/05/10 18:42

2019年05月09日 アニメ 映画
アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」の一場面 (C)カバネリ製作委員会
https://storage.mantan-web.jp/images/2019/05/09/20190509dog00m200037000c/001_size6.jpg
もっと見たい方はクリック!(全17枚)
mantan-web.jp


 劇場版アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」が10日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで、2週間限定で上映される。テレビアニメ版や、アニメ「進撃の巨人」などの荒木哲郎監督が脚本も手がけた。テレビアニメ版でおなじみの独特の美しい映像やハイスピードなバトルシーンは健在。ヒロイン・無名の可愛らしさはよりパワーアップした印象だ。

 カバネたちとのし烈な戦いをくぐり抜けた生駒たちは、カバネと人の新たな攻防の地で、日本海に面する廃坑駅「海門(うなと)」にたどり着く。生駒たちは、同じようにカバネから「海門」を奪取しようとする玄路、虎落、海門の民らと「連合軍」を結成。カバネを撃退するための作戦を立てる。しかし実は「海門」の地にはある秘密が隠されていた……という展開。

 生駒の声を声優の畠中祐さん、無名を千本木彩花さん、菖蒲を内田真礼さん、来栖を増田俊樹さんが務める。

 「甲鉄城のカバネリ」は、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で2016年4〜6月に放送。蒸気機関の発達した極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台に、鋼鉄の心臓を持つ生ける屍(カバネ)と装甲蒸気機関車・甲鉄城に乗り込んだ少年・生駒らの、生き残りをかけた戦いが描かれた。「進撃の巨人」などのウィットスタジオが制作し、「超時空要塞マクロス」などで知られる美樹本晴彦さんがキャラクター原案を手がけた。

 独特の色彩の美しい映像、美樹本さん原案の色気のある魅力的なデザインのキャラクター、ハイスピードなバトルシーン、人の本性をあぶり出すストーリー……と、テレビアニメ版で表現されていた特徴は劇場版でも健在。無名のキュートなルックスと、所狭しと動き回るアクションとのギャップも相変わらず魅力的だ。

 何といっても“乙女”な無名の表情が多く描かれているのが印象的だ。切ない顔や恥じらう表情など、可愛らしい描写が満載で、凄惨(せいさん)な戦いの描写の中でほほ笑ましく、ほっと和む。徐々に進展する生駒との仲にも注目だ。(河鰭悠太郎/フリーライター)

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe