> 


こうして「邪神ちゃんドロップキック」は第2期を勝ち取った!! 道なき道を切り開く製作総指揮・夏目公一朗×ノ瀬一樹宣伝プロデューサー


2019/05/23 02:09

こうして「邪神ちゃんドロップキック」は第2期を勝ち取った!! 道なき道を切り開く製作総指揮・夏目公一朗×ノ瀬一樹宣伝プロデューサーインタビュー!
2019年05月22日 19:000

https://sp-akiba-souken.k-img.com/assets/images/article/000/814/t640_814435.jpg

2018年夏クールを唯我独尊、傍若無人に爆走していき、年明け早々には奇跡のアニメ第2期を勝ち取った現在進行形の伝説的アニメ「邪神ちゃんドロップキック」。

本作は、アニメ本編に負けず劣らず既成概念にとらわれない自由すぎるメディア展開や各種イベント、「邪教徒」と呼ばれる熱心なファンによる布教活動など、独創的なプロモーションにも注目が集まっている。

そこで、今回は本作の製作総指揮を務める夏目公一朗さん。そして宣伝プロデューサーのノ瀬一樹さんに「邪神ちゃん」製作の舞台裏を思う存分語ってもらった。
夏目さんといえば、2006年にアニプレックス代表取締役に就任して以降、2016年に取締役会長を辞任するまでの10年間同社の先頭に立ち、数多くのヒット作を手がけたビッグネームだ。そんな彼がどんな思いを抱き、本作に参加することになったのか。
はたまた待望の第2期の放送はいつ頃になるのか……。

気になるあれこれが、今、明らかになる!?


https://akiba-souken.k-img.com/assets/images/article/000/814/t640_814436.jpg
夏目公一朗さん(左)とノ瀬一樹さん(右)



「邪神ちゃん」製作委員会はゲリラ部隊!?

――「邪神ちゃんドロップキック」におけるお2人の役割をお教えいただけますか?

ノ瀬 私は元々NTTドコモに勤めていて「dアニメストア」のサービス企画・設計を行いました。その後KADOKAWAに転職をしてアニソン定額配信サービスの「ANiUTa」を立ち上げ、今は独立していくつかのアニメの企画をお手伝いしています。その過程で、夏目さんともいろいろとご一緒させていただいてきました。

夏目 ノ瀬さんとちゃんと面識を持ったのは、KADOKAWAに行ってからかな。その時以来のおつきあいになります。

――本作では夏目さんの肩書きは「製作総指揮」となっていますが、これは具体的にはどういうことをされるポジションなのでしょうか?

夏目 平たく言うと、すべてがうまく回るように気遣いをする仕事です。

ノ瀬 今回、「邪神ちゃん」をつくってる委員会のメンバーにはアニメ業界の大きな企業が一切入っていないんですよ。要は「アニメ作りがよくわからない」っていう人がいっぱい集まっているんです。そういうメンバーゆえに、
「これってどうやったらいいんだろう?」って、わからないことがたくさんあるわけです。そこを、全部夏目さんに教えていただくという体制になっていまして、だから「製作総指揮」というポジションについていただいているんです。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
akiba-souken.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe