>  > 


【北朝鮮】 日本警察、北朝鮮の工作員と推定される男性逮捕…「金正日の料理人」と接触し「核心人物の可能性」[12/06]


2018/12/07 00:27

https://japanese.joins.com/upload/images/2018/12/20181206140648-1.jpg
▲金正日総書記の専属料理人出身である日本人の藤本健二さん(写真=中央フォト)

日本警察が北朝鮮工作員と推定される「朝鮮」国籍の60代韓国男性A氏を逮捕した共同通信が6日、報じた。捜査当局はA氏が金正日(キム・ジョンイル)総書記の専属料理人出身である日本人の藤本健二さんと接触していたという事実に基づき、日本に対する工作活動の核心人物である可能性があると明らかにした。

千葉県警察は6月、成田空港で他人名義のクレジットカードで化粧品を大量購入した疑いで埼玉に居住する朝鮮国籍の男性A氏を逮捕して不拘束送検した。A氏は2016年11月、日本人の知人に他の日本人名義のクレジットカードを使って成田空港免税店で物品を購入させた後、これを渡してもらった疑いが持たれている。

捜査当局はまずA氏に詐欺容疑を適用したが、彼が購入した化粧品を中国北京などを経由して北朝鮮に輸出した可能性が大きいとみて外国為替法違反(無承認輸出)容疑の適用も検討中だ。日本政府は北朝鮮の核実験以降、経済制裁の一環で北朝鮮への輸出を全面禁止している。

捜査当局はA氏が2012年、金正日総書記の料理人だった日本人、藤本さんに金正恩委員長のメッセージを伝えたと見ている。A氏の通話記録など関連資料を入手して調べた結果、彼が長野県で藤本さんと随時会ってきた事実が確認された。

藤本さんは自身の著書である人物を通じて「北朝鮮に戻ってくるという約束を守らないか」という金正恩委員長の話を聞いたと書いたが、警察はその人物がA氏だと推定している。

1982年北朝鮮に渡って寿司屋で働いていた藤本さんは89年から13年間、金正日総書記の専属料理人を務め、2001年に脱北した。この時、幼かった金正恩委員長とも親密な関係を築いたと伝えられた。2012年7月、金正恩委員長から招待されて北朝鮮を訪問し、その後2016年4月など数回にわたって北朝鮮を訪問した後、昨年1月に平壌(ピョンヤン)市内で飲食店を開店した。

ソース:中央日報/中央日報日本語版<日本警察、北朝鮮の工作員と推定される男性逮捕…「核心人物の可能性」>
japanese.joins.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe