>  > 


【国際】米中空軍機の異常接近 中国が反発「問題は米に」[05/20]


2017/05/20 11:20

www3.nhk.or.jp

東シナ海の上空でアメリカ空軍の観測機に中国空軍の戦闘機2機が異常接近したとアメリカ軍が発表したことについて、中国国防省は「事実と合わない」としたうえで、「中国の近くで頻繁に偵察活動をすることが問題の根源だ」と反発しました。
アメリカ空軍によりますと、今月17日、東シナ海の公海の上空を飛行していた、大気中の放射性物質を収集する大気観測機WC135に中国空軍のスホーイ30戦闘機2機が異常接近し、飛行を妨害したということです。アメリカ空軍は、中国空軍のパイロットの行動はプロらしくないと指摘し、中国側には外交と軍のルートを通じて申し入れをしたとしています。

これに対し、中国国防省の呉謙報道官は日本時間の20日、コメントを発表し、「アメリカ側の言い分は事実と合わない。中国軍機は法律とルールにのっとり、プロフェッショナルかつ安全に識別活動を行った」と主張しました。そのうえで、「アメリカが中国の近くで頻繁に偵察活動をすることが問題の根源だ。同じようなことが再び起きないよう、われわれはこうした活動の停止を望む」と反発しました。

アメリカと中国の間では、ことし2月にも南シナ海の上空で哨戒機どうしが異常接近しています。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe