>  > 


【日台関係に関わるフェミ】北原みのり「台湾女性と語った『日本のエロ』」(朝日新聞ウィークリー AERA)[3/16]


2019/03/17 22:45

作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は「日本のエロ」について。

*  *  *
 台湾で女性向けアダルトグッズ店を経営する女性と話す機会があった。アジア圏の女性経営者など、大げさでなく10人くらいしかいないのではないかと思うので、どれだけ話が弾むだろうかと楽しみにしていたのだけれど、私たちはまるでかみ合わないのだった。

 例えばAVについて彼女は「ファンタジーだとわかっているから、AVのレイプ表現は安心して見られる」と楽しげに語り、私は「レイプ表現を娯楽として流通させることに違和感」と顔をしかめる。また、大手コンビニが成人向け雑誌の販売中止を決めたことに、「日本のコンビニには必ずエロ本があるのが面白かったのに!」と残念がる彼女に私は、「はぁ?」と驚くのだった。

 あらら、私たち全く違うね……と笑いながらふと気がつく。語っているのは全て「日本のエロ」のことだ。

 そもそも台湾にはAVメーカーがなく、AV=日本製だ。数年前、AV女優が印刷された交通系ICカードが発売され議論になったこともあるが、日本のAVは社会に浸透している。また台北では毎年アダルトエキスポが盛大に行われ、日本のアダルト企業がこぞって参加する。開会式ではAV女優や男優がレッドカーペットを歩き、握手会や撮影会にはファンが大挙して訪れる。男女カップルの来場者も少なくなく、そこは性の情報を楽しみ、AVの世界の人たちと触れあう性の祭典のようなのだ。

 彼女が私に語る「台湾にある日本のエロ」はキラキラしていた。開放的で自由、それはまるごと性の肯定で、勇気のようなものすら感じる。そして彼女は私に心から不思議そうに聞くのだ。

「なぜ、コンビニからエロ本をなくしたいのか?」

 食い違うことを覚悟で私は言葉を探した。彼女にとっての非日常であり、外国の文化であるエロが、この国では環境であること。街の中で、ネットの中で、生活用品を買いに行くコンビニで、エロは環境化している。それはモノ化された性の断片を押しつけられるような体験で、尊厳を奪われる暗い痛み。自由ではなく抑圧。そんな話をした。果たして通じるか?と彼女を見ると、ハッとしたように目を見開いてこう言った。

「女性の自由や権利を犠牲にして、日本の社会はバランスを取っているのね」

 今度は私がハッとする番だった。台湾では女性の地位が「低くない」ことを思い出す。国際的なジェンダーギャップ調査に、台湾は一国家として対象にされずランキングに入らない。しかし台湾独自の調査では、ジェンダーギャップ指数は限りなく北欧レベルだという。男女の賃金格差はほぼなく、高い地位に普通に女性がいる。そのような社会で自信と余裕のある女たちから見える世界と、自分のいる場所から見える「エロ」は全く違って見えるのか?

 ああ私たち、もっと話しましょう。話さなくちゃ。そんな思いになる。同じ時代を近くて遠い文化の中で同じバイブ屋として生きる私たち。こんなふうに話すことで見えてくる世界を、私は言葉にしたいと思う。

dot.asahi.com
朝日新聞ウィークリー AERA 2019.3.16 16:00

北原みのりwiki
ja.m.wikipedia.org

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe