>  > 


【朝日新聞】「台湾独立は行き止まり」中国前台湾担当、蔡政権を牽制[3/14]


2019/03/15 23:46

中国政府の対台湾政策を担う国務院台湾事務弁公室前主任(閣僚級)の張志軍(チャンチーチュン)氏が13日、北京で朝日新聞のインタビューに応じた。中台関係について「平和統一が目標」と語る一方、「台湾独立は行き止まりだ」として、中国が主張する「一つの中国」原則を受け入れない台湾の蔡英文(ツァイインウェン)政権の動きを牽制(けんせい)した。

 張氏は同弁公室トップの主任を5年務め、昨年、対台湾窓口機関、海峡両岸関係協会会長に就いた。

 張氏は習近平(シーチンピン)国家主席が今年の年初の演説で、「(香港やマカオに適用している)一国二制度の台湾モデルを模索する」と語ったことに触れ、中国が目指す中台統一の形式について、「台湾の現状を考慮し、台湾民衆の利益と感情に配慮する」と述べた。だが、台湾で行われている自由な選挙を維持するのかとの質問には、「私個人の考えは語りたくない」として応じなかった。

 蔡政権が日米との関係強化を図…

残り:193文字/全文:587文字

続きは記事元の登録先にて。

www.asahi.com
朝日新聞デジタル 2019年3月14日15時15分

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe