>  > 


【サッカー】Jリーグの「大誤審」、世界ではどう報じられたのか 2019/05/18


2019/05/18 13:42

2019/05/18 08:30
Text by
編集部I

金曜日に行われたJ1第12節、浦和レッズ対湘南ベルマーレ戦で起きた誤審問題。

湘南DF杉岡大暉のシュートはゴールを割ったものの、山本雄大主審を含めた審判団はそれを認めず。

明らかなゴールが認められないというショッキングな誤審にあった湘南。だが、後半に3点を奪って劇的な逆転勝ちを収めている。



今回の誤審問題はVARやゴール判定システムがあれば、起きていなかったはず。世界のメディアはどう報じていたのか調べてみた。


"
『Cuatro(スペイン)』

「日本で正当なゴールが取り消される大事件、VARはかつてないほど必要とされている。

日本で正当なゴールの取り消しは、プロの試合におけるVARの重要性についての議論を世界で再活性化させるだろう」

『VTBL(オランダ)』

「日本からの仰天シーン!主審はゴールを見逃しプレー続行。

日本で行われた浦和対湘南戦でレフェリーが仰天のミスをした。

明らかなゴールだったが、レフェリーはそうじゃないと考えた。彼はプレーを続けさせ、カウンターで浦和がゴールしかけた」

『Globo(ブラジル)』

「今年最悪の審判ミス?ゴールは1メートルも入っていたが、主審はゴールを認めなかった。

Jリーグでは2020年からVARが採用される見込み」
"

qoly.jp

【次ページ】中国じゃないけど!
qoly.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe