>  > 


【フランス】仏麻酔医が患者に毒物注入か「60件以上に関与」の疑い [05/17]


2019/05/17 23:01

・仏麻酔医、患者に毒物注入か 60件以上に関与疑い

【5月17日 AFP】フランス人麻酔医が仏東部ブザンソン(Besancon)で患者17人に毒物を注入した疑いがあるとして、当局に訴追された。麻酔医の弁護士が16日、明らかにした。

 訴追されたのはフレデリック・ペシエール(Frederic Pechier)氏(47)。2008〜17年の間に37歳から53歳の患者7人が心停止に陥った2か所の民間病院で麻酔医として働いており、現在、合わせて24件の事件で疑いが掛けられている。うち9件の事件では死者が出ている。

 ペシエール氏は裁判で有罪となった場合、終身刑を言い渡される可能性がある。

 ペシエール氏は患者7人への毒物注入の疑いですでに捜査を受けているが、同氏の弁護士は捜査で証明された事実はないと主張。また、「ペシエール氏が毒物を注入した張本人であるという可能性はあるが、この説は仮説でしかなく、2年にわたる長期の調査でも何も示せていない。推定無罪が重視されなければならない」と強調した。

 ペシエール氏は今週、患者が手術中に心停止したと疑われる約66件の事例について取り調べを受けている。手術を行わなければ心停止のリスクは低かったとみられている。

 検察は記者会見で、毒物を注入された疑いがある患者17人は4歳から80歳で、うち7人は医師たちが蘇生処置に当たったものの死亡したと発表した。

 検察によると、ペシェール氏は新たに判明した事例のすべてに関わりがあったほか、発生時には同僚らといさかいがあった。また、同僚らの麻酔薬に毒物を入れ、緊急事態となった状況で自分の能力を誇示しようとした可能性もあるという。(c)AFP

・Frederic Pechier: Doctor charged with killing nine patients by 'poisoning them during surgery'
www.independent.co.uk

・Frédéric Péchier, la chute vertigineuse de l'anesthésiste star de Besançon
www.lepoint.fr

(麻酔医のフレデリック・ペシエール氏)
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/b/1000x/img_7bf5d9fc8bbfa14127347c4bce3ab957134839.jpg

2019年5月17日 18:47 AFP
www.afpbb.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe