>  > 


【もう始まってます!】福島原発、2号機のデブリ接触調査始まる


2019/02/13 08:24

東京電力は13日午前、福島第1原発事故で炉心溶融(メルトダウン)した2号機で、溶融燃料(燃料デブリ)に直接触れることを試みる初の「接触調査」を始めた。

調査はこの日のみの予定で、午前7時過ぎから原子炉格納容器内に特殊な機器を入れる作業を開始。計画では、作業用配管を通じて伸縮式パイプ(全長約11〜15メートル)を挿入し、カメラを取り付けた先端部分(長さ約30センチ)をデブリがある底部まで到達させる。

この部分には最大2キロまで持ち上げられる2本の「指」(長さ約3センチ)のような部品があり、デブリをつかんだり持ち上げたりして性状を確認する。遠隔で操作し、デブリは移動可能でも炉外には持ち出さない。

政府と東電は、メルトダウンした1〜3号機のうち、最も調査が進む2号機から最初にデブリを取り出すことを念頭に、来年度までに最初の号機を決める方針。2021年にも本格的に取り出しを始める。【鈴木理之】

(ソース)毎日新聞
福島原発、2号機のデブリ接触調査始まる
headlines.yahoo.co.jp
2/13(水) 8:12配信

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe