>  > 


【アース製薬】猛暑の影響で虫よけ売れず 上場以来 初の最終赤字


2019/02/13 22:29

www3.nhk.or.jp

猛暑の影響で虫よけ売れず アース製薬が初の最終赤字
2019年2月13日 20時05分

去年夏の記録的な猛暑の影響で虫よけなどの売り上げが減ったことから、「アース製薬」は、去年1年間の決算が上場以来、初めての最終赤字になりました。

発表によりますと、アース製薬の去年12月期の決算は、最終的な損益が、前の年の22億円余りの黒字から1億4200万円の赤字に転落しました。

最終赤字は、平成17年に東京証券取引所に株式を上場して以来、初めてだということです。背景には、去年夏の記録的な猛暑の影響でアウトドアを楽しむ人が減り、利益率の高い虫よけなどの売り上げが減少したことがあります。

また、この冬は、比較的気温の高い日が多く、体を温める効果をうたった入浴剤などの販売が伸び悩んだことも要因だと説明しています。

アース製薬の川端克宜社長は記者会見で、「去年の気候は会社の予想が全く当たらず、経験したことのない1年だった」と述べました。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe