>  > 


【コロンビア】 パレスチナの国家承認めぐり「騒動」、政権交代時に


2018/08/11 19:59

www.cnn.co.jp

パレスチナの国家承認めぐり「騒動」、政権交代時に コロンビア
2018.08.11 Sat posted at 17:30 JST

(CNN) 大統領が交代した南米コロンビアで、旧政権が退陣の土壇場でパレスチナを国家として正式承認し、新政権がこの決定を再検討する方針を即座に表明するなどの混乱が生じている。

サントス前大統領が率いた前政権の国家承認は今月8日で、パレスチナ自治政府のマルキ外相宛ての書簡を公表した。書簡は3日付でオルギン前外相が署名していた。

一方、イバン・ドゥケ新大統領率いる新政権は7日に発足。オルメス新外相は記者団に、国家承認について「決定の内容と影響を分析し、政府は国際法に則った措置を講じる」と述べた。
今年6月の大統領選で当選したドゥケ氏は選挙戦中、コロンビア大使館のエルサレムへの移転の可能性を否定せず、「イスラエルとは可能な限り最良の関係を維持したい」と同国寄りの姿勢をにじませていた。

サントス前政権のパレスチナ国家承認について、在コロンビアのイスラエル大使館は「誠実な同盟国からの侮辱行為」と反発する声明をフェイスブックに掲載。イスラエルのネタニヤフ首相はドゥケ氏の就任式典に出席予定だったが、パレスチナ自治区ガザが不穏な情勢に襲われて中止してもいた。


一方、コロンビア駐在のパレスチナ代表部は「パレスチナ人と政府は今回の承認を多大に感謝している」とフェイスブック上で表明した。
書簡には「直接交渉が永続的かつ公正な解決策をパレスチナ紛争にもたらす最善の策と信じる」とし、「パレスチナ人が独立国家樹立の権利を有しているように、イスラエル住民も隣国と平和な環境下で居住出来る権利を持っている」などと記されていた。
パレスチナの国家承認は国連総会、国際刑事裁判所や136カ国が実施している。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe