>  > 


【ドイツ】スペインへの移民送還で合意 イタリアとは交渉難航 EUの「ダブリン規則」で


2018/08/10 11:20

 【パリ=白石透冴】ドイツはスペイン経由でドイツに渡ってくるアフリカ系移民について、スペインに送還することでスペインと合意した。欧州連合(EU)は移民について、最初に入国した国に保護の責任があるとする「ダブリン規則」を設けており、これに基づいた対応。反移民を訴えるドイツのゼーホーファー内相が合意を強く求めていた。

 11日以降、スペインに最初に入国したことが判明した移民について、ドイツは48時間にスペインへ送り返す。これまで両国の間には明確な取り決めがなく、経済が堅調なドイツを目指しアフリカや中東から渡ってくる移民が絶えなかった。

 ゼーホーファー氏は国境管理の厳格化を強く主張している。アフリカや中東からの移民流入の窓口となっているイタリアやギリシャとも同様の合意締結を目指している。

 ただ、イタリアやギリシャは移民受け入れの負担が一層高まるとして合意には後ろ向きだ。中でもイタリアは、連立政権を組む極右「同盟」がこうした合意には消極的で、交渉は難航している。

 一方、6月に発足したスペインの中道左派サンチェス政権は移民受け入れに積極的に動いている。イタリアが入港を拒否した地中海の移民救助船も引き受けている。

 欧州委員会によると、EU内での2017年の難民申請数はドイツが約22万で最も多い。次にイタリアの約13万件、フランスの9万9千件となっている。

2018/8/10 9:20
日本経済新聞
www.nikkei.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe