>  > 


【ペット】猫は寝子だけど!なぜそこで熟睡できる?そして起きない?演奏中にずっとピアノの上で眠る猫


2019/04/16 16:35

猫は夜行性で、日中のほとんどをスリーピングに費やすDAYSなもんだから、「寝子」とも呼ばれたりなんかしているが、寝る場所は選ばないようだ。

飼い主男性はピアノを弾いているのだが、ハンマーの上を今日の寝床として選んだこの猫。

ピアノの鍵盤の動きに連動してハンマーも動くのだがまったく動じない。ピアノの音すら気にならないようで、まったく全然起きる気配はなしだ。

http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/d/6/d67979cd.jpg

youtu.be

てこでも起きない。それが猫クオリティ

男性のピアノに陣取り、気持ちよさそうに眠る猫

これは完全に寝てますわ。

http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/0/c/0c69c53f.jpg

ピアノを弾こうと思ったら既に猫がいたのか、弾いていたら猫がやってきたのかはよくわからない。だが猫ってそういうところあるあるだ。 

飼い主が今使用しているモノ、あるいはこれから使おうとおもうモノのそばにやってきて、いちばん邪魔なポイントにドンと居座りがち、そこで寝がちなのは、猫飼いならば良く知っていることだろう。

例えばキーボードを打っている時にはキーボードの上とか、テレビを見てるときにはモニターの真ん前とか、ある種の「私はここにいるけど?」という存在アピールなのかもしれない。
それならっと、猫にかまおうとするとプイっとどこかにいってしまったりもして、なかなか一筋縄ではいかない、だがそれが良いのだ。

でもこの猫の場合、飼い主の弾くピアノの音色が好きで、子守歌のように聞こえていたのかもしれないね。

追記:(2019/4/16)本文を一部訂正して再送します。


karapaia.com
2019年04月16日

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe