>  > 


【ロイター】ファーウェイ、何が問題なのか


2018/12/08 00:07

jp.reuters.com

トップニュース
2018年12月7日 / 07:56 / 5時間前更新
アングル:幹部逮捕に揺れる中国ファーウェイ、何が問題なのか
Jonathan Weber
[6日 ロイター] - 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟(メン・ワンツォウ)・最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されたことで、世界のビジネス界に6日、激震が走った。

孟氏は、ファーウェイの創業者、任正非(レン・ツェンフェイ)・最高経営責任者(CEO)の娘でもある。米中貿易戦争の「一時休戦」が早くも終わりを迎えるのではないかとの懸念が高まっている。

孟氏は、米当局の要請で、米国の貿易制裁違反の捜査に関連して逮捕されたと、事情筋はロイターに明かした。中国外務省によると、米国とカナダはともに逮捕理由を明らかにしていない。

●ファーウェイとはどのような会社か

ファーウェイは、世界最大の通信ネットワーク機器サプライヤーであり、第2位のスマートフォンメーカーでもある。昨年の売上高は約920億ドル(約10兆円)。他の中国テクノロジー大手と異なり、主要市場は海外で、欧州やアジア、アフリカの多くの国々で市場最大手になっている。

ファーウェイは、1987年に人民解放軍出身の任正非氏が創業した。今も非上場であり、株式は社員が保有していると説明しているが、その構造は明らかになっていない。本社は中国南部の技術ハブ都市である深センにあり、約18万人を雇用している。

中略

●なぜファーウェイ製品を排除する国があるのか

米情報機関は、ファーウェイが中国政府とつながっており、同社製品には政府のスパイが使用できる「裏口」機能が埋め込まれている可能性があるとしている。その証拠は公表されていないが、ファーウェイ側はこの疑惑をたびたび否定している。

だが疑惑は消えていない。現在の懸案は、ファーウェイが先頭を走る次世代高速通信「5G」技術の構築だ。国内企業に、要請があれば政府を支援することを義務付けた中国の新法も、懸念材料となっている。

米政府は、ファーウェイ製品の政府調達を禁止し、同製品を使う通信会社への政府支援を停止するなど、米市場からファーウェイを締め出す政策を打ち出している。ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ.N)とAT&T(T.N)は今年、ファーウェイのスマホを販売する契約を打ち切った。

米国のもっとも親密な同盟国であるカナダや英国、ドイツでさえ、機材のセキュリティーを確認する十分な対策を講じているとして、ファーウェイに対して具体的な対応を取っていない。だがオーストラリアとニュージーランドは最近、ファーウェイの5G通信網構築への参加を禁止した。ドイツなども、この問題の再点検に動いているもようだ。

●孟氏の逮捕は、セキュリティー問題と関係あるのか
(リンク先に続きあり)

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe