>  > 


【中国メディア 】日本と中国の学校給食、「そのレベルの差はあまりにも大きすぎた」


2019/04/14 10:08

2019-04-14 05:12
news.searchina.net

国土の広い中国では全国どこでも学校給食が提供されているわけではなく、地方や学校ごとに制度は異なっている。給食が提供されている学校もあるが、その給食のレベルが日本と大きな差があることに驚く中国人は多い。
中国メディアの快資訊は9日、日中の学校給食を比較する記事を掲載し、「その差は非常に大きかった」と伝えている。

 中国でも保護者であれば、子どもの体に良い食べ物を摂取させたいと考えるのはごく当たり前のことだが、日本と中国で提供されている学校給食にはどのような違いがあるのだろうか。
記事は、日本の学校給食は見た目の良く、美味しいだけではなく、本質的に重要な点が考慮されていると指摘し、それは栄養バランスであると指摘。

 学校給食はお腹を満たせれば良いものではなく、育ち盛りの子どもたちが必要とする栄養がバランスよく含まれていることが重要だが、記事は「日本では学校給食の献立を考えるのは栄養士であり、
すべての献立に子ども達の成長に必要な栄養素が豊富に含まれている」と強調した。

以下ソースで読んで

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe