>  > 


【人権侵犯】セクハラ事案が35%増=「#MeToo」で顕在化?−法務省


2019/03/15 13:18

 法務省は15日、2018年に「人権侵犯」として新たに救済手続きを始めた件数を発表した。

 セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)が410件で前年比35.3%増加。担当者は性被害を告発する動きとして日本でも拡大してきた「#MeToo(私も)」運動が「顕在化のきっかけになっているのではないか」と分析している。

 法務省に18年に寄せられたセクハラ相談は1413件。救済が必要と認定した事案については、労働基準監督署や企業の相談窓口につなぐなどの措置を取った。

3/15(金) 10:58
時事通信
headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe