>  > 


【人種差別】車内で寝ていたラッパーのウィリー・マッコイさん、警官に撃たれ死亡/米カリフォルニア


2019/02/14 11:53

2/14(木) 11:28配信
headlines.yahoo.co.jp
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190214-00000014-jij_afp-000-2-view.jpg

【AFP=時事】米カリフォルニア州バレーホ(Vallejo)で、ファーストフード店前に止めた車の中で寝ていたラッパーの男性が警官に撃たれて死亡した。警察の現場対応に非難が集まっており、警察が調査を行っている。

 死亡したのはウィリー・マッコイ(Willie McCoy)さん(21)。地元警察の発表によると、今月6日夜、メキシコ料理のファストフード店「タコベル(Taco Bell)」の従業員から、ドライブスルーの専用道路に駐車中のメルセデス(Mercedes)の運転席で、男性がうつむきになっていると通報があった。

 駆け付けた警官たちは施錠された車に近づいたが、運転席のマッコイさんは反応せず、膝の上には銃が置かれてあった。また、車のギアはすぐに発進できる「ドライブ」になっていた。警察は状況を判断した上で車の前進を阻止しようとしたが、マッコイさんは体を動かし始め、手を上げるように求めた警官の指示に従わず、拳銃に手を伸ばした。警官たちは「身の危険を感じ」、発砲したという。

 警官たちが銃弾を何発発射したかは明らかにされていない。マッコイさんは現場で死亡が確認された。

 遺族側は警察側の説明に反論し、穏便な対応を取ろうとしなかった警察の行動は人種的な偏見に基づく「処刑」だったと激しく非難している。【翻訳編集】 AFPBB News

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe